« 磯丸(GN125H)の燃費 その6 | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その7 »

2010年1月15日 (金)

Hi-Vi チタンオイル(5W-40)に交換!

チタニック・ハロゲン・チタンプラスをエンジンオイルに添加してから1,000kmちょっと走りました。単気筒車の宿命の激しい振動をなんとか抑えたいと思い試してみましたところ、その効果が予想以上に体感できました。\(^o^)/

納車初日は60km/hでミラーが見えなくなるほどの振動がありましたが、イリジウムプラグを装着し、フロントスプロケットを1T上げて15Tにし、「まあ普通にのんびり走る分にはいいかな」と思えるほどにはなっていました。

しかぁし、そこにハロゲン・チタンプラスを入れてみると、まるで別のバイクのように振動が減りました。(゜o゜)

それまでやったことなかったのですが、思い切って8,000回転以上に上げてみたりもしました。8,000回転ならうるさいのを我慢(自分も他人も)できさえすれば、ずっと走り続けられそうです。9,000回転まで行っても、しばらくならがんばれると思いました。ただし、3速でも ゆえ km/h出てしまうので、がんばるわけにはいかないですが…。(^^ゞ

ずいぶん気持ちよくなりましたが、このハロゲン・チタンプラスは改質のために金属表面を腐食させるそうで、一度入れたら約1,000km走行後にオイルと一緒に抜いてしまわないと、エンジンやマフラーを傷めるそうです。使用は1回限りと注意書されています。

そして先日、めでたく添加後1,000kmを超えたので、日曜日にフラッシングとオイル交換を実行しました。

まずは、廃油処理の準備です。写真を撮るのを忘れましたが、エーモンのポイパック2.5L用を用意しました。牛乳パックとかで自作も可能なようですが、なんせ自分でオイル交換するのは生まれて初めてなので、200円程度はケチらずに購入しました。

次にドレンボルトを確認します。

Img_0289

他の方々のブログに「エンジン下の17mmのボルト」とあったので、17mmのスパナを持って作業開始! と、思ったらスパナが入りません。どうやら前のオーナーがボルトを交換していたようです。いろいろ探っていたら、チェーン調整のためにアクスルシャフトのボルトに合わせて買ってあった21mmのメガネレンチがぴたっとはまりました。ラッキー (v^-゚)

気を取り直して、ボルトを緩めました。

Img_0296

走行約1,000kmですからまだアメ色です。もともとどんな色だったか分かりませんがあまり汚れていないような気がします。

ドレインボルトの径が違っていましたが、前のオーナーが鉄粉除去のためマグネットタイプに交換してくれていたようです。

試しにシフトペダルに近づけてみると…

Img_0312

くっつきます。

さて、いよいよ Step 2 フラッシングです。

Img_0298_2

フラッシングチタンは5Wのシングル粘度オイルだそうで、色はかなり透明に近いです。サラダオイルみたいな感じです。

Img_0299

これも基本的には1回しか必要ないようですし、保存不可と書いてあるので、規定量の2/3以上入れれば良いそうでしたが、規定量の850ccを注入しました。

アイドリングは10分以上、とありますが長い方が良いようなことも書いてあったので30分実行しました。

30分後、フラッシングチタンを抜きます。

Img_0306

入れたときとはまるで違う茶色になりました。汚れが落ちたのかチタン成分が化学変化したのかは不明です。

Img_0308

フラッシング後はオイル注入口のキャップとフィルターを外して30分放置する、とあります。

フィルターは写真の赤で囲った部分ですね。10mmのソケットレンチでキャップを外しました。中身はこんな感じ…。

Img_0310

下は新品のフィルター。

Img_0309

使用済みのものは色が濃くなっていますが、汚れたのかオイルの色が付いただけなのかは不明です。もう累積で14,000kmも走っているのでさすがに金属粉などはあまり出ていないようです。

30分の放置時間の内にフィルター交換も済ませました。

さあ、最後に Step 3 チタンオイルの注入です。

Img_0313

低温時の粘度が低く、高温時の粘度は高い、5W-40の100%化学合成油、ということで期待しています。

かなり濃い赤みのある色です。

Img_0314

フィルター交換した時は100ccプラスするようにオーナーズマニュアルに書いてあるそうなので(僕は持っていませんが)、約950cc注入しました。

再アイドリング後、エンジン停止して少し待ち、オイル量を窓から確認したところ、OKでした。あっ、写真は忘れました。

さて、Step 3 チタンオイル注入も完了しました。問題ないか体感してみたかったので、用も無いのに走りはじめました。

インプレッション その1

ギアチェンジがしっかりした感じになりました。今までもギア抜けなどはなくスムーズにチェンジできていましたので大きな違いはないのですが、チェンジする時の音が「カチャッ」から「カチ」に変わりました。分かりますかね、この違い。(^-^; 必要なところだけが動いていて不必要なところは動いていないような感じ、と言えばいいでしょうか…。

インプレッション その2

加速も今までもスムーズだったから、あまり違いが分かりません。

インプレッション その3

エンジンの吹けがさらに良くなったかもしれません。6,000回転から8,000回転に上げるのも、無造作にスロットルを開けるだけです。

インプレッション その4

最高速度もきっと上がったんじゃないかと思いますが、公道で試すわけにはいかないので分かりません。(^^ゞ 3速で引っ張ったらメーターが一瞬 よわ km/hを超えました。こうなったら、4速がトップで、5速はオーバートップとして使うようですね。

結局、オイル交換直後に20km程走りましたが、振動はもう全く気にならなくなりました。

|

« 磯丸(GN125H)の燃費 その6 | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その7 »

2. メインテナンス」カテゴリの記事

コメント

ほ~~すばらしいgood
これぞケミカルチューンの真骨頂ですなscissors 振動がどう減ったのか想像出来そうで出来ないのですが、ピストンの摺動面が改質されたのは明らかですね。しかもギアの入り方も違うのですね。ううんうん同じバイクだから解ります「カチャン」が「カチッ」に変化したのですねgood
ちなみにおいらはフュエルチューナーの2回目を添加しました。1回目は20ccで1回空いて2回目を10㏄ほど添加、しっかりと燃焼している感じです。と言うのも無添加で最高速度100kmだったのが110kmにアップしました。(あっあの~サーキットで行ったてことでbleah

投稿: びわ吉 | 2010年1月16日 (土) 00時47分

びわ吉さん、いつもコメントありがとうございます。

結局のところはっきり分かる違いは振動の減少だけなのですが、そこが一番気になっていたところなので僕としては満足しています。感じとしては、ブルブルブル → ギュイーン と言ったところです。 (^^ゞ

びわ吉さんはもともと常用域8,000回転とのことですから、びわ吉さん自身が振動に強いのか、びわ吉さんのGNが当たりの個体だったのかも知れませんね。

あとは燃費がどうなったかですね。ハロゲン・チタンプラスは結局のところ「当たるところを柔らかくして削っている」わけなので、効き過ぎると燃費が落ちるんじゃないかと思います。指定どおり1,000kmで抜いたので大丈夫だと思いますが。

それとGN125Hってやっぱり110km/hも出るんですね。感触としては平地の直線だったら120km/hまで行けるんじゃないかと感じていましたが、やっぱり、と納得しました。
この値段の車両でこれだけの性能ってスゴイことだと思います。これが国産じゃないってところがくやしいですね。政府は規制しすぎで国内産業をつぶしていることに気づいて欲しいです。

投稿: のび作 | 2010年1月16日 (土) 08時19分

のび作様
ご無沙汰しています。
今年もよろしくお願い致します。
オイル交換の記事、興味深く読ませていただきました。
車と違って、バイクはいろんなことを安価で試すことができるので、とても楽しいですよね。
特にGNはオイル量も少なく、整備性に富んだ車体なので本当に楽しく触れますね。
なかなか寒い日が続きますが、お互い元気にライダーしましょう!
ではまた。

投稿: 信○郎 | 2010年1月16日 (土) 22時04分

信○郎さん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

BCLネタには今イチ反応し切れていませんが読んでますよ。happy01 Zealもお元気そうで何よりです。

僕のGN 磯丸は本当に乗りやすくなりました。僕自身が磯丸に慣れてきたこともあると思いますが、信○郎さんをはじめ諸先輩のブログ記事のお陰でこんなに快適になったのだと感謝しています。ありがとうございます。

僕はそんなに機械いじりが好きな方ではないのですが、オイル交換は思った以上に簡単でした。次回からは抜いて入れるだけなので、それをショップに頼む気はしませんね(恥ずかしながら昔バイクに乗っていたときは全部ショップ任せでしたcoldsweats01)。

寒さにはとても弱い僕ですが、不思議とバイクで寒いことはさほど苦になりません。寒さ以上に緊張感と高揚感があるからだろうと思います。降りるとどっと疲れが出ますが…。

最近はやぼ用が多く結果的に結構磯丸に乗れています。こちらは気温はそんなには低くない方だと思いますが、風がとても強くて慣れていない僕はかなり緊張して走っています。

信○郎さんのプチツーリング記事も楽しみに待っています。

投稿: のび作 | 2010年1月17日 (日) 20時13分

のび作様
こんばんは。早速レスありがとうございました。
磯丸殿は調子が良いようで何よりです。
燃費は本当にすばらしいですね、私は結構回していましたので、なかなか良い成績を残せませんでした。
(とはいえ40km/l近くはキープできていたので、決して悪くもないのですが。)
ところで、ぼちぼち「カムチェーン・テンショナー」を締めなおしていい時期ではないでしょうか?
『GN125H整備手帳』というページにかなり詳しく記載されているので、一度チェックされたら、良いかも。
(私もかなりお世話になりました。)
図8番のマイナスボルトが硬いかもしれませんが気合で挑戦してみてください。
Z型(?)のドライバーが力が入り使いやすいですね。100円ショップでも見かけます。
ちなみに劇的に何かが変わるわけでもないのですが、定期的に調整した方が良いところみたいです。
もう作業後であれば無視してください。それではまた。

投稿: 信○郎 | 2010年1月17日 (日) 22時47分

信○郎さん

実はカムチェーンテンショナー調整、ちょっと前にやってみました。その内記事でもご報告します。あっという間にできましたが、外から見ても感触としても変わったのかどうか全く分かりません。(^^ゞ

投稿: のび作 | 2010年1月17日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290681/37549826

この記事へのトラックバック一覧です: Hi-Vi チタンオイル(5W-40)に交換!:

« 磯丸(GN125H)の燃費 その6 | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その7 »