« サルーテ 黒米入りリゾット (松崎町那賀) | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その8 »

2010年2月14日 (日)

うな瀬 うな丼 (東伊豆町片瀬)

またも2週間ほど磯丸乗れない日々が続きましたが、昨日からの雨も上がったので近場へ昼飯プチツーに出かけました。最近、バイクブログだか食べ歩きブログだか分からなくなってきていますが、ツーリングの楽しみに目的地での食事も当然ありますので、まあそれもいいかな、ということで、ぜひお付き合い下さい。

前回の教訓から燃料コックをOFFにしていたので始動は全く問題ありませんでした。時折太陽も顔を見せてくれましたが、ほとんど曇りで気温は結構低めでした。一時の陽気は少し遠ざかってしまったようです。でも僕はバイクに乗るのは曇りの日が一番好きです。晴れていると気分は良いのですが、風に当たって走っている時と降りて日差しを浴びている時の体感温度差が大きくて結構疲れます。そんなことありませんか? それに晴れている日はまぶしくて目も疲れやすいように思います。(これは歳のせいか?) というわけで、ちょうど良い曇り具合のツーリング日和の中、東伊豆町のうな瀬というお店に行ってきました。


大きな地図で見る

Img_0383

実は今回が3度目です。国道135号線を少しだけはずれた住宅街の中にあるお店なのですが、とても繁盛しているようで2度目に来た時は満員で入れませんでした。今日も予約が入っていたようで、僕のすぐ後に来たお客さんが入れませんでした。一足お先で申し訳ありませんでした! (でも内心は ラッキ~ (^_^) って思っていました、ゴメンなさい。 <(_ _)> )

ここの名物は、23種類+αのミニ丼の中から好きな3品を選べるミニ丼セット(1,200円)です。豊富なメニューを活かして味と楽しさと価格をバランスさせたメニューだと思います。初めて来た時はもちろんこのミニ丼セットを頂き大満足しました。

お店の中には地魚の写真の掲示があり、魚素人の僕にはとても楽しいです。

Img_0380_2

朝獲り鮮魚の刺身もあります。

Img_0379

定置網にぎり、が気になったのですが、今日の目的はこれではないのでガマンガマン…。

そう、“うな”瀬、と言うぐらいですから、メインは うなぎ なのです。

今、僕はあるツーリングを密かに(?)計画しています。それは「浜名湖うなツー」です。
浜名湖は静岡の西の端だし、下道だけでのんびり行くのにちょうど良さそうな距離です。それに、静岡名産といえば、お茶、みかん、そして浜名湖のうなぎ!、これが僕の昔からのイメージです(勝手な思い込みでごめんなさい >地元の方)。それと、以前浜名湖SAで食べたうな重がとても美味しかったので、あの味と再会したいという思いもあります。

ところが、いろいろ調べているうちに、どうも浜名湖だけがうなぎの名産地ではないらしいことが分かってきました。じゃあ三島はどうよ、下田にも有名店があるらしい、伊東も実はハイレベル、とか、いろいろ見えてきました。

大体、うなぎは素材も大事ですが、タレの調合はもとより、くさみを抜くための水、さばき方、焼き方、など、職人さんの腕で味にずいぶんと差が出ます。(って、えらそうに書いていますが、そんなこともつい最近知りまました、受け売りです。(^^ゞ)

それなら近場の東伊豆のうなぎを食してから旅に出よう、ということで今日はうな瀬にうな丼を食べに来たわけです。

うな瀬のご主人は仕入先やタレに非常にこだわりを持っておられるようで、そのあたりのことはWEBサイトにも詳しく書かれています。

Img_0377

値段の差は量の違いですので並を頼みました。でも少ないと言っても1,400円は結構安いですよね。

前振りが長かったですが、その、うな瀬のうな丼が、コレだぁ。(1、2、3、風に…)

Img_0381_2

食べてみました。

美味しい!

それだけかよ! というつっこみが入りそうですが、すみません、僕、うなぎって好きですけど、正直なところ味を言葉で表現できるほど食べ慣れていません。(^^ゞ ~~~\(-_-) ピシー!ピシー!

でも、自分も後から思い出したいので、何とか持てる表現力を総動員して書いてみます。

タレは甘さやや控えめ。
香ばしい香りは強すぎず弱すぎず絶妙です。
雑味は感じられません。山椒好きなんですけど、山椒かけずに食べたいと思わせる味です。
焼き方は関東風とか関西風とかあるらしいのですが、勉強不足でよく分かりません。(^^ゞ
身はふわっとしていますが、皮にしっかりした歯ごたえがあり、浜名湖で食べたふわふわのうな重とはまた違ってしっかりした食感がいいです。
肝吸はさっぱりしていて、苦味はあまりありません。
お漬物は自家製みたいでした。味が濃くて美味しかったです。

まあ、うなレポ初回ですし( (゚o゚) 次回ガアルノカ!? )、もともと食通ではないので(って逃げてますね)、こんなところでお許し下さい。あまり参考にはならないかもしれませんが…。

とりあえず、僕自身は満足したので、いいんです、それで!

満足して店を出て振り返ると、張り紙が…。

Img_0382_2

せっかく紹介させてもらいましたが、H22/3./5~4/20まで店舗改装のため一時休業だそうですので、もしお越しになる方がいらっしゃったら営業日を確認された方が良さそうです。

帰りは熱川周辺を散策し図書館の駐車場で記念撮影して帰りました。

Img_0376

河津桜という、河津町発祥の早咲きの桜がこのあたりには多く植えられていて、本家河津町では河津桜まつりが始まっています。この写真は六分咲きぐらいですね。

暖かそうに見えますが、結構寒かったです。

ではでは。

|

« サルーテ 黒米入りリゾット (松崎町那賀) | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その8 »

3. 走行ログ」カテゴリの記事

6. 旨いモン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290681/37549819

この記事へのトラックバック一覧です: うな瀬 うな丼 (東伊豆町片瀬):

« サルーテ 黒米入りリゾット (松崎町那賀) | トップページ | 磯丸(GN125H)の燃費 その8 »