« 大井川うなぎプチツー Part 2 | トップページ | 城ヶ崎海岸まで散歩 »

2010年5月14日 (金)

大井川うなぎプチツー Part 3

うなぎの日本橋を出た後は、バイパス続きの国道1号線ではなく、海沿いの国道150号線をめざすことにしました。静岡の街中もゴールデンウィークの中日なので全然混雑はありません。すぐに安部川を越えることになりました。橋の上で信号待ちの間に大急ぎでパチッ。

Img_0585

安部川といえば安部川もちですが、さっきうな丼を食べたばっかりなのでちょっと今回は無理…。またのお楽しみということでスルーしました。

150号線に出た後も下りは全く混雑はありません。いたって順調です。

1時間ほど走ると当初計画した吉田町に入りました。何軒かうわさのお店を確認しました。

そして、今回特に見ておきたかった場所を発見。

Img_0587

静岡うなぎ漁業協同組合うなぎ直売所 です。とても美味しいうなぎ弁当が850円から、という格安値で買えるそうです。いつかまた来てみようと思います。

さて、実は以前から清水-土肥間を約60分で結ぶ駿河湾フェリーに乗りたいと思っていて、帰りはこれを利用することを計画しています。なんかフェリーに乗ると、いかにも「旅をした」という気分になれそうなんですよね。ブログ主さんの東北ツー北海道ツーの記事に影響されたかもしれません。しかし、このときほぼ13:15。清水の最終便は16:00発です。御前崎から清水までは約2時間かかると思われるため14:00までに御前崎を出発しなければなりません。ちょっと厳しいかなぁ。でもここで引き返すのもしゃくです。迷った結果、とにかく急いで御前崎を目指し、タッチ&ゴーで清水へ引き返すことに決めました。

幸い道は空いています。また写真もとらずにひたすら走りました。その甲斐あってどうにか御前崎に14:00前に到着しました。

とにかく大急ぎで証拠写真を撮りまくります。

Img_0588

ここの灯台は上まで上れるみたいです。上ってみたかったけど、今回はパス。とりあえず説明板の写真を撮ったら海を見に行きます。

Img_0602_2 

見晴らしは最高です。この日はすこし霞がかかっていますが、お天気がよければ伊豆半島も見えるんでしょうか?

Omaezaki

駐輪場でたまたま隣にいたSUZUKI GS 1300とツーショット。(^_^)v

Img_0605

トップケースのお陰で車体が大きく見え、リッターバイクと並んでも違和感ないような…というのは言いすぎでしょうか。(^^ゞ

およそ15分で御前崎観光を済ませ、大急ぎで清水へと引き返しました。

心配したとおり上りは少し混雑しています。スリム&パワフルなGN125Hの特徴をフルに活かし混んでも流れてもぐいぐい進みましたが、信号や橋の関係で、どうしても時々短い渋滞にハマります。

焼津を通過したのが15:20。乗船手続きもあるだろうから、実質30分で清水港まで行かなければなりません。うーん、かなり厳しそう。しかし焼津から先は道が広がりかなり流れも良くなりました。行けるかも! やっぱ、ダメかも…。の繰り返しです。

さんざん焦りつつも安全第一で何とか清水のフェリーターミナルへ到着したのが16:00ジャスト。駐車場の案内の方に必死で「16:00発のフェリーに乗りたいんですけど!」と聞いたら、あっさり「30分ほど遅れてますから、そこに停めて待っててください。」とのこと。

一気に力が抜けました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

船の到着を待つ間、しばし休憩…。

こんなターミナルビルの中は

Img_0608

こんな感じです。

Img_0610

こんなものもありました。

Img_0611

で、こちらは現物。

Img_0613

プリンアイスでくつろいでいるうちに、船がやってきました。

Img_0615

なんか、ワクワクします。

降りてきた二輪車は20台近くいたと思いますが、これから乗る二輪車は2台しかいません。ま、夜の伊豆へ向かうツアラーはいませんね。

Img_0606

初めてのバイクでのフェリーにちょっと緊張。しかし係の人が親切に誘導してくれた後、転倒防止のためにしっかり固定してくれました。乗船は簡単に終わりました。

ちなみに、二輪車は手荷物扱いです。しかも原付二種は1,000円です。大人運賃2,200円と合わせて計3,200円也です。遊覧船に乗ったと思えば安いですね。

Img_0637

船内は明るくて広くて綺麗! \(^o^)/

Img_0616

ほどなく出航! この日は波も穏やかでしたが、スタビライザー付きということもありほとんど揺れは感じません。とても快適です。そこそこお客さんもいましたが、まだまだ余裕があります。

デッキには屋台もあり、サザエのつぼ焼きなんかもあったのですが、

Img_0622

Img_0623

自動販売機でこんなのを買って、夕食にしました。思った以上にくつろげました。

あっという間に約1時間のリラックスタイムが過ぎ、土肥港が目前に迫ってきました。

Img_0636

船を降りて時計を見ると17:30をまわっていましたが、日はまだ高く、これから清水へ向かう人たちとすれ違いました。

Img_0639

さて、ここからは何度か走ったことのある道です。月ヶ瀬から天城トンネルを抜け、河津に出たら北上する、というルートです。

もう夕暮れだったこともあり、ほとんど車は走っていませんでした。快走を続け19:30頃には自宅に到着しました。

結局、本日の走行距離およそ350km、休憩も全部コミコミで約10時間の旅でした。かなりの快走路でしたが、峠道や渋滞もあったので平均的な感じかもしれません。

まあ、1日300Kmぐらいが楽に走れる目安かもしれませんね。

以下、参考までにほぼ実走した通りのルートです(最初と最後は省略)。


より大きな地図で 岬めぐりプチツー(御前崎編) を表示

|

« 大井川うなぎプチツー Part 2 | トップページ | 城ヶ崎海岸まで散歩 »

3. 走行ログ」カテゴリの記事

6. 旨いモン」カテゴリの記事

コメント

長旅お疲れさまでした!
フェリーを含めて合計10hの旅路で350kmとは…ほとんど走りっぱなしですね!
私のペースですと、大体1hで35km〜40km、2H毎に1hの休憩を入れるので10hですと250kmがいいとこです。
日帰りでそれだけ走れるとなると、1泊でもかなり行動範囲が広がりそうですね。

また次回のツーリングレポート、楽しみにしています♪

投稿: 若葉 | 2010年5月15日 (土) 16時49分

無事東伊豆まで帰着したようですね。……当たり前ですよね、このブログ更新されているんですから。
そうか、帰りは清水~土肥をフェリーですか。その手は考えませんでした。昼過ぎに浅間神社で、それから御前崎に行って東伊豆に帰るのはちょっと無謀と思っていたのですが、これなら休憩しながら移動できるので無理ない行程になりましたね。
清水からのフェリーは、10何年か前に「希望」という名前の県有の防災船が下田まで就航したのですが、乗船料が高すぎて大赤字の末に廃船になりましたよね。その後、昔田子の浦~土肥を就航していた駿河湾フェリーが、清水~土肥にルートを変えたんでしたよね。話の種に、私も今度乗ってみようかな。
私のGWは、趣味の野球の審判と実家(河津町)への1泊帰省で終わってしまい、写真は1枚もありません。磯丸君みたいに、今度は私の箱根西麓号もどこかに連れて行ってあげよう、ン? 箱根西麓号に私がどこかに連れて行ってもらうのかな。
楽しいツーリング日記でした。次も楽しみにしています。

投稿: GN125大好き | 2010年5月15日 (土) 17時14分

350km!スゴイですね・・。お疲れ様でした。 

写真の写り具合にもよるのでしょうけどホント、リッターバイクと引けを取らない存在かんですね。 

アイスのチョコスジがサンプル写真より細いのがちょっと気になります・・。

投稿: ココパパ | 2010年5月15日 (土) 18時00分

>ココパパさん
ココパパさんも結構遠くへ行かれてますよね。この日はとにかく走りたい気分だったので満足できました。アイスは“プリン”というところに惹かれたのでチョコ(カラメルだったかな?)のことはあまり気にしていませんでした。でも確かにちょっと細いですね。

>GN125H大好きさん
たかが日帰りのプチツーリングを3回に分けて引っ張ってしまいましたが、お付き合い下さりありがとうございました。フェリーは期待通り旅気分を増幅してくれました。御前崎-石廊崎を結ぶフェリーがあれば絶対乗りたいですけど、たぶん赤字間違いなしですね。(^^ゞ
バイクのいいところは、別にはっきりした目的がなくても走っている事自体が楽しいことですね。きっと跨りさえすれば、あとは箱根西麓号がどこか楽しいところへ連れて行ってくれるとおもいますよ。

>若葉さん
この日は朝から晩まで走りましたので結構距離を稼ぎましたが、泊まりがけの時はもうちょっとゆっくりしたいかもしれません。でも日帰りでもかなりの距離が走れることが分かったので、泊まらずに時々日帰り中距離ツーに出るのが安上がりで楽しいかもしれません。
夏になったら、冬には走れないような山道とか日本海岸を走ってみたいと思っています。

投稿: のび作 | 2010年5月16日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290681/37549797

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川うなぎプチツー Part 3:

« 大井川うなぎプチツー Part 2 | トップページ | 城ヶ崎海岸まで散歩 »