« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

チェーンメンテ その7

今回で一応の最終回となるチェーンメンテ話です。

なんだかんだごちゃごちゃ考えたり試したりしてきましたが寿命を迎えたチェーンはやっぱり交換するしかありません。まあ、もっと試す人はもっとやるんでしょうけどね、エンジンオイルとか、チェーンソーオイルとか、ハンマーオイルとか、天ぷら油sign02とか、…。僕はそこまでのチェーンマニアではありません。ただただメンテの手を抜きたいだけなのです…。sweat01

さて交換すると言っても、とにかくチェーンのことなんて今までほとんど考えたこともなかったので全く予備知識がありません。大きく分けてシールチェーンとノンシールチェーンの2種類があって、GN125Hにはデフォルトでノンシールチェーンが付いているということぐらいしか知りませんでした。

以前は、出来るだけチェーン清掃をしたくないと言うだけの理由で「次のチェーンはメンテが楽そうなシールタイプにしようかなぁ」と漠然と考えていましたが、この1ヵ月ほどの経験で、ほんとにチェーンメンテの手を抜きたければ、普段からベトベトにならないようにすることが肝心、ということが判りました。

そうなってくると、清掃時にシールへの攻撃性とかを考える必要のないノンシールチェーンの方が実はメンテが楽なんじゃないかと思えてきました。しかも、シールチェーンは安いものでも7千円ぐらい、高いと2万円以上もするのに対して、ノンシールチェーンなら2千円ぐらいで手に入ることも判りました。たかが125ccですから特殊な耐久性も要求されませんしここはノンシールのスタンダードを続けるのが一番、という結論になりました。

それに、安いチェーンならいろいろ試してダメにしても気にしないでまた交換できますしね。wink

今回は初めてのチェーン交換なのでショップに交換作業をお願いすることにしましたが、クリップ式ジョイントなら自分で交換するのもそんなには大変ではないような話も見つけました。もし交換してもらったあとすぐにダメになるようだったら、次は自分で交換作業にチャレンジしてみます!!

で、チェーンを交換するとなると、当然適合するものを選ばなければなりませんね。そもそもチェーンのサイズの規格の見方がわかりませんでしたが、これもインターネット時代の今はちょちょっと検索するとすぐに見つかりました。素晴らしい時代になったものです。

ま、とにかく現在の磯丸のチェーンはサイズ428でリンク数116だと判りましたので、それに合うスタンダードチェーンを探した結果、無難なRKのスタンダード・ノンシールチェーン 428SHをお願いすることに決定しました。Web!keとかで検索するとGN125には114リンクと出てくるようですが、それは国産のGN125Eのことのようです。交換検討中の方は間違えないよう気を付けてください。もっとも大した手間ではないので僕は自分で数えましたけど。

事前の情報では新品のチェーンは納品までの長期保管を想定してなのか過剰なまでにべっとりとグリスが塗りたくられている、ということでしたので、ショップの方には「新品のチェーンを装着する前に完全脱脂して下さい」とお願いしましたところ快諾いただきました。

で、交換後の写真がこれ。

Image017

オイオイ、ぜんぜん完全脱脂されてないじゃん!gawk

ショップの方は開口一番「かなりがんばってグリスを落としたんですけど、申し訳ないですけどローラーの中までは取りきれませんでした。」とのことです。僕が完全脱脂と言った時は、灯油とかでじゃぶじゃぶ洗って全てのグリスを洗い流すことを言ったつもりだったのですが、自分でも経験が無いので上手く伝えられなかったようです。

そこはとてもとても感じのいいお兄さんがやっているショップで値段も良心的です。チェーン以外の相談も気軽に受けてくれたりもしましたので、悪口を言うつもりは毛頭ありません。

僕の伝え方が悪かったことが一つと、ショップ側の立場で考えると、万が一本当に完全脱脂して、その後お客さんのメンテが悪くてすぐに錆びたりしても責任負えないですよ、ということでしょうね。

このあたりはバイク乗りとしての僕のレベルが上がらないとだめなんだと自戒しつつ、また地道にこしこし3時間ほどかけてチェーンクリーナーでグリスを落として行きました。

その結果がこちら。

Image007_2

見た目には大差ないようですが、ローラーの回転や遊びの状態がとても良くなりました。まだそれでも完全脱脂はできていないでしょうから、当分はちょこちょこクリーニングする方がいいかも知れませんね。でも、ここまでできてるいると1回のクリーニングとルブ塗布に10分もかからないのではないかと思います。

インプレ書いていませんでしたけど、もちろん交換後のライディングフィールはさらに良くなりました。これは製品としてのチェーンの良し悪しというより、ヘタったチェーンと新品のチェーンの差ですね。(^^ゞ 楽しくなりました。どこかへ出かけたいです。

いやぁ~、長々とチェーンメンテ話に御付き合い下った皆さん、ありがとうございました。

後はこれをどのくらいキープできるかですね。またしばらくしたらその後の経過をご報告いたします。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

磯丸(GN125H)の燃費 その14

久しぶりにまた給油しました。

走行距離は339.0km、給油量は7.91Lでした。

ということで燃費は

42.9km/L

です。

納車時から今までの累積走行距離と累積給油量でみた平均燃費は

44.7 km/L

です。

今回はずいぶんチェーンに注意していたのですが、燃費は良くなりませんでした。

これから効果が出るのか、それとも燃費は他に原因があって落ち続けているのか、…。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

チェーンメンテ その6

ぐだぐだチェーン話を引き伸ばしているうちに 現実はもっと速く進んで行きます。

無事チェーン交換完了しました!good

でもブログではチェーン交換を待つまでの間に試してみたことをもう一つ書きたいと思います。交換の話は次回まとめます。m(_ _)m

前回は自転車用チェーンルブ、フィニッシュラインのテフロンプラスを試してみましたが、フリクションロスが大きく、汚れも早いので…×、でした。

今回試すのはこれ。

Image008

タイホーコーザイの浸透防錆潤滑剤「ペネトンA」です。

ネットで調べてもチェーン用に勧める人は誰もいないと思われたのですが、PTFE(テフロン)配合で水置換性をうたっていたので、もしかしてWAKO'SのCHLに近いものなんじゃないかと勝手に想像してしまいました。

【ビフォー】

Image006

フィニッシュラインのテフロンプラスを塗った後は毎日空拭きしていますが、どうしてもこのくらいには汚れてしまいます。

【作業中】

作業と言っても、ただペネトンAをチェーンのリンク部にスプレーしていくだけです。アウタープレートとインナープレートの隙間めがけてプシュッ、プシュッと細かく吹いてはブラシでゴシゴシ、右側左側で合計2周回ったら今度はローラーとインナープレートの隙間をめがけてもう1周。それだけなのですが、慣れていないので30分ぐらいかかってしまいました。

無臭タイプとは書いてありますが、556に似た揮発油の臭いが少しします。PTFEも申し訳程度にしか入っていないようで、拭き取った後はWAKO'S CHLに比べるとスルッと滑るような感触があまりありません。

【アフター】

Image009

一応ローラーの回転はすごく軽い状態に戻りましたが、なんとなくキシキシと油切れのような感じがします。走ってみると、テフロンプラスを塗布した時よりはアクセルへの反応は良くなりましたが、音もうるさくなり、とてもちゃんと潤滑できているとは思えませんでした。

やっぱりペネトンAはバイクのチェーンには向かないようです。揮発性が高くてチェーンに油分が残りません。かと言ってPTFEは固体潤滑を期待するには配合量が少な過ぎるようでした。しかし、塗布前よりチェーンがかなりきれいになったように見えます。防錆能はかなり高いとの宣伝文句ですので、チェーンクリーナーとしてなら使えるかも知れません。
あ、でもシールチェーンの場合は知りませんよ!

いくら交換間近とは言えチェーンが切れたりしては困るのでまたWAKO'SのCHLを追塗布しました。

と、言うわけで、ペネトンAはチェーンルブの代用にはならない、という(当たり前の)結論でした。

結局、値段が高いことが気に食わないけど、WAKO'SのCHLチェーンルブが僕には一番合っていると思いました。このケミカルをメインにして以下のようなメンテを実施して行こうと思います。

  1. 普段は気が向いた時にさーっとウェスで空拭き。同時に潤滑状態を点検。
  2. 雨中走行直後はウェスで空拭きし、水分だけは除去。
  3. 雨中走行後や油切れっぽくなってきた時はWAKO'Sのチェーンルブを追塗布。
  4. 1,000~2,500km走行ごと(どこまでルブ追塗布だけで持つのかによりますが)にチェーンクリーナーとブラシで清掃、そしてチェーンルブ塗布。

今の目論見としては、これだけでいつでも、ピカピカ、さらさら、のチェーン、スプロケット、ホイール、を保てる、と踏んでいるのですが、どうでしょうか。結果はそのうちご報告します。

この程度ならメンテ嫌いな僕でも続けられそうです。

さあ次はいよいよチェーン交換だ!  (やっとかいな…)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

チェーンメンテ その5

磯丸購入後1年にして突如チェーンメンテに目覚めたのび作。しかし、無情にも必死に清掃したチェーンは片伸びしていて完全に寿命を迎えていたのだった。

というわけで、なるべく早くチェーン交換をショップにお願いすることにしました。そのお店はちょうど忙しい時期とのことだったので「ゆっくりでOK!」と伝えました。どうせなら交換するまでの間に今の古いチェーンで気になることをいろいろ試してみたいですからね。wink

まずは自転車用チェーンルブとして評判の高いフィニッシュラインのテフロンプラスです。スプレーではないため常時携帯しても邪魔にならないところが良さそうです。

Image012

前回の空拭き後にこれを追塗布してみました。

【ビフォー】

Image1089

このテフロンプラス、手触りはサラッとしていますが少しとろみもある感じです。例えて言うとちょっと濃いガムシロップみたいな感じでしょうか。チェーンを回しながらつるーっと垂らし、後はウェスで一生懸命拭き取りました。

WAKO'SのCHLチェーンルブ塗布後数日経っていたこともあるかもしれませんが、すぐに違いを体感しました。

チェーンの音が少しまろやかになりました。しかし同時に発進、加速、に重さを感じるようにもなりました。チェーンには優しいのかもしれませんが「ちょっとなぁ」です。

【アフター】 約20km走行後

Image002

わずかな走行でもうこんなに汚れてしまいました。やっぱりとろみがある分汚れも吸着してしまうんでしょうね。それでも簡単に拭き取れるのでベタベタのチェーンルブよりはずっとましですけど。

後ろから見た状態です。

Image003

ローラー部分がウェットな状態であることがわかると思います。わずか20kmですから当然かもしれませんが耐久性も悪くなさそうでした。

でも、僕としてはこの汚れの早さと全体的な重さ(フリクションロスって言うんでしょうかね)が気に入りません。

と言うことで、

次行ってみよう、次!  (まだやりますか…)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています! 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

チェーンメンテ その4

まだやってます、チェーン話!

前回の「洗浄脱脂+除錆」後5日ほど距離にして60kmほど経過しました。途中、雨中走行を一度しましたが、ルブ追塗布はせず空拭きで水分と汚れだけ取り除きました。それでも新たなサビ発生はありません。潤滑性が落ちたような感じもあまりしません。雨にかかってもすぐに全部流れてしまうようなことはなさそうです。ずぼらな僕としてはとても助かります。

WAKO'Sのチェーンルブ、イイです。happy01

Img_0716

前にも書きましたが、「スプレー直後はトロッとしていて定着性良好。しかしケミカル自体にベトつき感はなく、ウェス等で拭き取ることによって、ドライに近い状態でしっかりリンク部やローラーの潤滑ができるスグレモノ」です。

試しにフェンダーにちょっとつけてみたら液体ワックスのようなのび方です。メッキ部の防錆ツヤ出しにも使えそうです。

燃料コックが固かったのでスプレーしてみたら、軽く動くように…。\(^o^)/

調子に乗って、クラッチワイヤー、シフトペダル、スロットル、キーシリンダー、と普通はグリスを注すようなところを脱脂してWAKO'Sチェーンルブ塗布に変えてみました。とてもスムーズになりました。しかもグリス汚れが付かないのでまわりもきれいになりました。さすがにベアリングのあるところは怖くて試していませんが、これ1本あれば日常メンテはほとんどできそうな気がします。(ちょっと大げさかも知れませんが…)

とっても気に入ったWAKO'Sチェーンルブですが、1つだけ重大な欠点があります。

それは値段です。

通販だと送料もかかるので180ml缶1本が約2,000円になってしまいます。「ちょっとなぁー」です。まだもう少し代替品を探してみたい気もします。

チェーンの話に戻ります。少し様子をご覧下さい。

【ルブ塗布後 約5日目】

Image1082

Image1083

ちょっとスプロケットに汚れが付着していますがウェスで簡単に拭き取れます。それよりも問題なのは一部のリンク部にまたサビがわずかに見えていることです。これも拭けば簡単に取れるので、新たにサビが発生したのではなく、もともとあったサビがクリーナーとWako'sのチェーンルブで少し浮いてきたのだろうと思います。

【空拭きクリーニング後】

Image1089

あまり違いが判らないかもしれませんが、スプロケットの汚れが少ぉ~し薄くなっています。(気のせいかな…sweat01

「やっぱりもっと徹底的にクリーニングしないとダメかな」とか考えながらチェーンを回していると…。ん? 何か違和感があります。チェーンを回していると張りが強すぎると感じる時と弱すぎると感じる時の両方があります。気になったので、ゆっくり回しながら張りを確かめてみたところ、なんと…

片伸びしてる~ crying 

状態としては、一番ゆるいと感じるあたりでは遊びが30mm程度、そこから4分の1回転ぐらい進むと遊びがほぼ無いぐらいにまで張りが強くなります。今までチェーンに全く注意を払っていなかったのでこんなことになってしまったんですね。

あ゛~、もう交換だ、交換!!

せっかく一生懸命クリーニングしたけど、これじゃあいくらきれいにしても動力伝達ロスが出まくりでしょうね。そう言えばかすかな周期音がするとも思ってたんです。

磯丸のチェーンは一度も交換されていないようなので、そうだとすると17,000km以上も走ったことになります。まあそういう運命だったんだな、と自分のメンテの悪さを棚に上げつつ気持ちを切り替えます。それに、この一連の作業を経ずにチェーンを交換しても新品の維持が出来なくてすぐまたサビさせてしまったことでしょうから、交換前にこの経験ができたことは無駄ではなかったと思います。

せっかくチェーン・メンテに目覚めたところだし、ここらで新しいチェーンに替えて自分なりのチェーンメンテ法を確立するのも悪くないかも…。

よし、そうと決まれば早速どうやってどんなチェーンと交換するか(してもらうか)考えなくっちゃ。

今度はチェーン交換か、のび作? (えっ、まだ続くの?)

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています! 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

チェーンメンテ その3

チェーンは黒くて(または白くて…最近はホワイトルブも多いので…)べたべたしたもの、と思い込み、メンテナンスに全く関心を持っていなかったのび作。しかし、ある日あまりに汚れていたのでしかたなく簡易清掃してみたら、その後のあまりのバイクの乗り味変化に驚きチェーンメンテに目覚めてしまいました。

前回はとりあえず積年の(と言っても購入後約1年ですが…積月かな?)汚れを何とか落とすところまでたどり着きました。その日は日没とともに作業が強制終了となったものの、その段階ではまだリンク部に薄っすらとサビ色が残り、また最悪なことにローラーの何箇所かに動きの渋いところがありました。天の声が囁いた。「これではいけない! 完全脱脂&完全除錆を目指すのだ、のび作!」

続きやいかに…。

 

 

【前回終了時点】

Image1051_2

Image1052_3

ひどい、という状態からはとりあえず脱却出来たかもしれません。でもリンク部にまだサビ(あるいは古いグリースかも)が残っているようで動きの硬いところがありました。ローラーを順に点検してみるとこちらも2~3箇所渋いところがあります。

【用意したもの】

そこで、今度ははこんなものを用意しました。

ぱんぱかぱっぱっぱ~、「花咲かG ラストリムーバー」 (ドラえもん風に読んでください…(^^ゞ)

Img_0720

バイク乗りのためのサビ取り剤の定番、ということでしたので、買い置きしてありました。

お次は、「パークツール シトラス・チェーン・ブライト

Img_0728

自転車のチェーン清掃用オイルだそうです。実はサイクロンというチェーン清掃ツールといっしょに買ったのですが、サイクロンはバイクのチェーンに対して幅が細すぎて使えませんでした。仕方がないのでオイルだけ使っていつものごとく古い歯ブラシでちまちまとゴシゴシすることにします。

【作業中】

今回も作業中の写真はありません。(^^ゞ (べたべたになった手でカメラを触りたくないですもんね。)

まずは、チェーンに少しずつシトラス・チェーン・ブライトをかけては歯ブラシでゴシゴシと再度クリーニングして行きます。なんでもこの製品は防錆剤を含むオイルだそうで、一応これだけで清掃と給油を兼ねたチェーンメンテナンスができると聞いています。実際手触りは粘度の低いエンジンオイルのような感じです。

すでにシンプルグリーンとチェーンクリーナーでかなり一生懸命清掃した後でしたので、もう驚くような汚れは出てきません。しかし、リンク部に残っていた古いグリースやチェーンルブとサビがよく落ちます。生分解性もあり環境にも優しいというシトラス・チェーン・ブライト、結構いいかも。まあ、でもWako'sのチェーンクリーナーで十分な気もするので、ちょっと余計な買い物だったかな…。

リンク部を丁寧に覗いて脂らしきものが完全に見えなくなったのを確認して、今度はKUREのパーツクリーナーで徹底的に洗浄しました。磯丸のチェーンは純正品かどうかはわかりませんがノンシールであることは間違いないので、汚れが落ちてくれさえすればゴムへの攻撃性などは気にする必要がありません。ジャンボスプレー缶半分以上を使ってようやくほぼ完璧と思えるまでに脱脂できました。

そして、先ほどの「花咲かG ラストリムーバー」の登場です。これはサビ以外の部分への影響はなく除錆後に防錆皮膜を作るということですので、きれいなブラシなどで塗り塗りして、そのあと拭き取るだけでOKです。

かなりがんばったのですが、アウタープレートの頑固なサビは落としきれません。まあチェーンの性能には直接関係ないし、防錆皮膜が出来てくれればサビが広がることもないだろうから、ここらで良しとしましょう。

そして、仕上げにWako'sのチェーンルブを改めて塗布しました。実はこの時初めてこのチェーンルブがサラサラの手触りであることに気づきました。スプレーした時は流れにくいように泡立つのですが、浸潤した後はべたべた感がまったくありません。ローラーの回転もものすごくスムーズになっています。前回重く感じたのはまだ古いグリスなどを完全に落とし切れていなかったせいなんだ、と気づきました。

あとは耐久性がそこそこあれば、このチェーンルブだけで普段のメンテは出来そうです。

そのあたりはまた後日、ということで。(^^ゞ (まだまだ続くヨ)

 

 

【本日の作業終了時点】

Img_0731_2

Img_0733

これなら少しは「綺麗になったねheart01」って言ってもらえるかしら…?

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

チェーンメンテ その2

先日のチェーン清掃話の続きです。

【ビフォー】

Image1048

Image1049

確かにひどいです、ハイ。(^^ゞ

思いっきり言い訳ですけど、チェーンルブってホイールやスプロケットが汚れる上に、チェーンにもどんどん汚れを呼び込む曲者だと思うんですよね。しかもネバネバ(ドライタイプの場合はカチカチ)で、清掃には丸1本チェーンクリーナーが必要というなんとも理不尽な金食い虫でもあると思います。そんなわけで、清掃がとても面倒 → ますますチェーンが汚れて行く → ますます清掃が面倒になる → …、という悪循環に今まではまっていました。

この悪循環を断ち切るべく前回書いたとおり、新たに調達したWAKO'Sのチェーンルブ 同チェーンクリーナー、それにアメリカン・テイストのマルチクリーナー、シンプルグリーン を持って作業に臨みました。

さて、どうなったかと言うと。

【作業中】

作業中の写真は余裕がなかったので撮りませんでした。

まずは残っていたKUREのチェーンクリーナーを使い切ります。噴射、ブラッシング、ウェスで拭き取り、の繰り返し。スプレー缶半分ぐらいは使ったはずですが、多少はきれいになったかな、と言う程度です。

ここで、シンプルグリーン登場! シュッとひと吹き…。おお、宣伝だけのことはあります。チェーンクリーナーで取れなかった汚れが流れて行きます。すかさずブラシでゴシゴシ…。ウェスでふきふき…。かなりましな状態になりました。

いつもだったらここらであきらめて注油に移るのですが、今回はせっかく買ったWAKO'Sのチェーンクリーナーも試してみます。シューッと吹いてみます。KUREのとは違って噴射圧はあまり強くありません。汚れを吹き飛ばすと言うよりは、しっかりリンクの隙間に浸潤して油を浮かせてくれる感じです。ブラシでこすってみると…。「おお!」と思わず声を上げるほどきれいになります。磯丸のチェーンの色って黒と言うか濃いグレーだと思ってたのですが。プレート側面は本当は金属光沢があったんですね。(^^ゞ

リンク部にまだサビが見えるものの、プレート内側にたまったヘドロのような汚れはほぼ完全に落ちました。

「ここまで来たら完全脱脂してラストリムーバーでサビも落としてしまいたい!」と思ったのですが、この時点で、作業開始から2時間ぐらい経っています。1時間ぐらいで終わるだろうと思っていたのに大誤算です。午後遅かったので陽も沈みかけて少し暗くなってきました。

仕方がないのでこの時点でWako'sチェーンルブを吹いて一旦作業終了としました。

この時点でのチェーンルブのインプレッションは「確かに透明だけど少し粘りもあってサラサラ流れるような感じではないなぁ。結構重い感じがするし…」といったところでした。

しかし、後になってこれは自分のこれまでのメンテの悪さがたたってチェーンが傷んでいたせいであることが判りました。

しばらく使ってみた後の印象は「スプレー直後はトロッとしていて定着性良好。しかしケミカル自体にベトつき感はなく、ウェス等で拭き取ることによって、ドライに近い状態でしっかりリンク部やローラーの潤滑ができるスグレモノ」という風に代わってきました。

その辺のお話はまた今度。(← オイオイ、まだひっぱるのかヨ!)

とりあえず、本日の清掃結果です。

【アフター】

Image1052_2

Image1051

少しはましになりました…、でしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

ブログのデザインを変えてみました

今までも左上にカレンダーが表示されていたと思うのですが、ココログのカレンダーってよそのブログと違って、記事の日付に連動して動いてくれないんですよね。

10月の記事を表示したらカレンダーも10月になったり、カレンダーをクリックして前の月の記事を表示したり、できないかなぁ、と思っていたら、

ココログ最強カレンダー

という便利なツールがあることがわかりました。

これを使えば、上記のようなことが普通にできるようになります。

早速僕のブログでも使わせてもらうことにしたのですが、土日の色が今までの背景色だと見えにくくなってしまいました。そこで、ついでに全体のデザインを変えてみました。

まあ、あまり雰囲気は変わっていないかもしれませんね。

 

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

チェーンメンテ その1

先日、久しぶりにチェーン清掃をしてみたら、思った以上に乗り味が良くなりました。加速も滑らかでエンジン音も心なしか静かになりました。

大方の(?)バイク乗りの方とは違い、ハッキリ言って僕はバイクいじりはあまり好きではありません。sweat01
出来ることなら完全メンテフリーになって欲しいとさえ思っています。sweat01sweat01
そもそもチェーンなんて錆びてなければ気にもしない、錆が浮いてきたら、ちょっとゴシゴシしてチェーンルブを吹いておけばいいや、なんて思っていました。sweat01sweat01sweat01

そんなわけで、磯丸との付き合いは約5,000kmですが、チェーン清掃は今まで都合2~3回しかやっていませんでした。しかし、今回のことで少しだけ目覚めました。ちょっと掃除したぐらいでこんなに乗り味が変わるなら(多分燃費も良くなるに違いないsign01)、もうちょっときちんとチェーンメンテをやればもっとバイクライフが快適になってサイフにもやさしくなるんじゃないだろうか、と気づいた次第です。

今ごろそんなこと言ってますから、まじめなライダーからはあきれられるかも知れませんけど。 sweat01sweat01sweat01sweat01

で、今までは、チェーン清掃と言えば、KUREのチェーンクリーナーで汚れを浮かせてウェスでゴシゴシしたら、その後LAVENのホワイトチェーンルーブをぐるっと一周吹いて終わり、でした。でも、何かこのホワイトチェーンルーブって、全然飛散しないけどすぐにチェーンが固くなるし、かえってチェーンに悪いんじゃないかな、と以前から感じていました。

そこで、ネットでいろいろ検索してみたら、チェーンルブを使わないでチェーンにエンジンオイルを注油している方が結構いるらしいことが判りました。中にはオイルメンテだけで4万キロ以上も同じチェーンを維持している方もいるようで、実はチェーンルブの評判はかなり悪いことも判りました。

ただ、オイルメンテの最大のデメリットはマメに注油する必要があるところです。200~300km程度に1回、雨天走行後は必ず、と言われる方もいるようですが、僕は基本的にずぼらなので、そんなに頻繁に注油出来るかどうか、非常に不安です。

そう思いながら検索を続けていたら、ある方のブログで、エンジンオイル、自転車用チェーンルブによるメンテを経て、最近WAKO'Sチェーンルブを試した、と言う記事を発見しました。その記事によると、同ルブは全くベトつかないのにそこそこ耐久性があるらしいのです。メーカーのうたい文句によると「フッ素樹脂を配合し、潤滑性・耐摩耗性・浸透性・付着性に優れ、長期間潤滑効果を発揮します」とのことです。

これなら雨天走行後すぐに手入れしなくても何とかなるかもしれない、と思い、早速僕も通販で買ってみました。一緒に買うと送料無料になると言うので チェーンクリーナーも買ってみました。

 

Img_0716  

ついでに、テレビショッピングとかでよく見かけるとってもアメリカンな雰囲気のマルチクリーナー「シンプルグリーン」も買ってみました。

Img_0718_2

 

 

 

これらを持って作業にかかります。

【ビフォー】

Image1048

ひどいですね。(^^ゞ

これでも前回のチェーン清掃後20kmぐらいしか走っていません。リンク部分に錆が見えます。(T_T)

 

 

初めてフロントスプロケットカバーを外してみました。

Image1049_2

泥と油と錆が混ざってメタメタです。(>_<)

 

果たしてこれがどこまできれいになるのか? 長くなってきたので、続きはまた今度、と言うことで…。 (^^ゞ

乞うご期待! (というほどでも無いですけど…)

 

 

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

磯丸(GN125H)の燃費 その13

前回報告以降の燃費をまとめて報告sign01 です。

4ヶ月ちょっとで、走行距離1,296.6kmで、給油量30.3Lでした。

なので、燃費は

42.8km/L

です。

納車時から今までの累積走行距離と累積給油量でみた平均燃費は

44.8 km/L

です。

44.8km/Lって決して悪くはないけど、日を追うごとにちょっとずつ下がっているのが気になります。

ちょい乗りばかりなのでエンジンオイルの劣化が進みやすいのかもしれません。前回交換から3,000km強で交換しましたが、次はもうちょっと早めに交換しようかと考えています。

それと、チェーンsweat01 今まで全然気にしていなかったのですが、先日あんまり汚いのでちょっと念入りに掃除したらすごく乗り味が変わりました。

しばらくチェーンに注意してみようと思います。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »