« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月19日 (土)

こんなときですが出かけてきました

東北関東大震災で被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ不自由な避難生活が続いておられる方も多く、本当に大変なことと思います。お掛けする言葉もうまく見つけられませんし、できることもそう多くはありませんが、少しでも状況が良くなることを祈っております。

当初はここ東伊豆沿岸にも大津波警報が出されたため、自分自身の安全確保に追われ遠くの方の被害に想いを寄せる余裕は全くありませんでした。

幸いなことに僕の周辺では結果的に直接的な被害はほとんどなく、2~3日過ぎたころから少し視線を遠くへ移せるようになって来ました。日を追うに連れ東北から関東にかけての被害の大きさが明らかになり(余震や原発の問題が進行形ですし…)、その大変さに言葉を失うばかりです。何が出来るわけでもないのに、重苦しさと焦燥感の入り混じった日々を過ごしています。そんな気持ちでいるのは僕ひとりではないと思います。

さて、1週間が過ぎ初めて休日となった今朝ですが、ゆっくり寝たにもかかわらず頭痛が取れず、一週間の疲れとストレスが溜まってきてることが自分でも分かりました。「あ、これじゃダメだ。自分が病気になったりしたら周りに、ひいては被災地の方にも、迷惑をかけることになる」と思いました。そこで、こんなときではありますが、うちからほど近い河津町のうなぎ屋さん大川家へ約1年ぶりに出かけてきました。

そこは河津川の河口近くにあるお店で、河津桜祭の頃にはお昼前に売り切れ御免となってしまうほどの、知る人ぞ知る人気店です。県外からわざわざ来られるお客さんも多いとか。しかし、さすがに今日のお昼は僕ともう1組しかお客さんがいません。津波からの連想と計画停電の影響で電車の運休が相次いでいることもあり、東伊豆全体の観光客は激減しているようです。大将も、あまりのお客さんの少なさに困惑されているようでした。

実は、こんな時期にブログを更新する気になったのは、この光景を見て、できる人はできるだけ普通の生活を送ることが本当に大切だと感じたからなのです。

お勘定のとき(その時はお客さんは僕1人だったのですが)、「こんな時に来てくれて本当にありがとうございました」と言われ、こんな時に自分だけ美味しいもの食べて何となく後ろめたい気がしていた僕も気持ちが楽になりました。お店で食事をして「ありがとうございました」と言われるのは普通のことなので、今まであまり気にも留めていませんでしたが、この日の大将の言葉は重みがありました。

不要な消費を減らしたり出来るガマンをすることは大切ですが、無理をして体調を崩したり、本来必要な活動まで控えるのは、逆にマイナスが大きいかもしれない、と僕は思います。賛否両論あると思いますし、僕自身も普段よりいろいろ控えてるつもりですが、とにかく「無理」しちゃいけないんだな、と痛感しています。

さて、お味の方ですが、以前の記事で関東風とお伝えしましたが、地元誌の紹介記事などからこちらのうなぎは“蒸し”を入れていないということが分かりました。改めて今日じっくり味わいましたが、それなのに身はふわっと柔らかです。焼きだけですが関西風というのとは少し違うような感じです。確かに皮はパリッと香ばしく他のお店よりも脂の乗りがとても良く濃厚な味わいです。肝吸いも濃厚で、本当に「うなぎ食べた~」という気分に浸れます。今日は特別サービスで肝煮を少しだけいただいてしまいました。こんな時なので写真は取りませんでしたが、肝焼きとはまた少し違いもっとマイルドな食感です。お酒の肴にもばっちりだろうと思います。残念ながらバイクなのでお酒は飲めませんが、冷酒が欲しくなります。

まだまだ、危機は現在進行形です。いろいろ大変なこともこれからあるかもしれません。でも考えてみれば人間の世界は常に危機と隣り合わせです。明日のことは誰にも分かりません。楽しくない時に無理に楽しむ必要はありませんが、無理して楽しい心を捨て去ることは何のプラスにもならないと僕は思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »