« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

ふるさと 肉チャーハン (東伊豆町白田)

肉チャーハン・シリーズ第2弾はこちら、ふるさと です! (って、いつからシリーズ化されたんだ? (^^ゞ )

熱川と稲取の中間にあり、とても地味で目立たない風情ある片瀬白田の駅すぐ近くにある中華屋さんです。

大きな地図で見る

すごく分かりやすく肉チャーハンを最前面にプッシュしておられます。 何と、のれんにまで「変わったチャーハン」の文字が(爆)。
でも店構えはごく普通の街の中華屋さんの風情ですね。

何度かお邪魔していますが、そんなに混んではいないのにいつも繁盛しているお店の活気が感じられます。お客さんが入れ替わり立ち代り次々と来るからでしょうか。

Image0192

普通に地元の方が利用する食堂ですが、テレビでも何度か紹介されているらしく、あちこちに色紙などが飾ってあります。

そして、これがふるさとの肉チャーハン(850円)!

Image0172

写真を撮っていたら、隣のテーブルのお客さんも同じように撮影中…でした。(^^ゞ
今頃はどこか他でもブログに載っているんでしょうね。

お味の方ですが、先日紹介したかっぱ食堂のより少しとろみがあり、マイルドな味付けです。こちらもマイウ~。(^u^)
一気にいただいてしまいました。ごちそうさまでした。

こちらのお店は国道135号線からもすぐで、交差点にはこんな看板も出ています。駐車場も6台分ぐらいあったと思うので観光客の方も結構来るのかもしれませんね。

Image0212 

がんばってますね。語呂合わせの「ふるこい」って「ふるさとへ来い!」ってことですかねぇ。ちょっとむりがありますねぇ…。(^^ゞ でもこういう強引さって、あると思います!

あ、ちょっと古かったですね。(^^ゞ 「あると思います!」の人、最近どうしてるんでしょう…。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

青木さざえ店 伊勢海老天丼 (南伊豆町湊)

写真を撮ったもののアップしそびれていたので、今さらですが記事にしてみました。

去年の12月、伊豆南端の弓ヶ浜にある青木さざえ店に行ってきました。

大きな地図で見る

伊豆のガイドブックにもよく登場する有名店ですが、もともとは地元のホテルなどにも鮮魚を納めている卸業者さんだそうです。そこが観光客向けに食堂もやっているということで、ネタの質には絶対の自信を持っておられるようです。

Img_0766_2

写真には写っていませんがツーリングとおぼしきバイクが5~6台とまっていました。他にもわざわざ車や電車で来られた方も多いようでお店は大賑わいでした。

お店の看板にも伊勢海老があしらわれていますが、ここの看板メニューはこれ、伊勢海老天丼です。

Img_0761

豪華です!! happy01 伊勢海老が多分1/2尾ぐらいたっぷり入っていて、お値段は確か1,800円だったと思います。まあ絶対額としてはそんなに安くはないですが、他所で食べることを思えばお得感いっぱいです。

伊勢海老天丼を頼んでいる方が多いようでしたが、他にも美味しそうなメニューが沢山あるので、他のものも気になりました。リピーターの方も多そうです。

Yumigahama2

この日は陽射しがとても柔らかく12月にしてはとても暖かかったことを覚えています。夏は海水浴客で混雑するらしいですが、冬の砂浜は静かで心が和みました。

Img_0763

夏になる前にもう一度行こうかな。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

かっぱ食堂 肉チャーハン (東伊豆町稲取)

伊豆のガイドブックなんかにはよく載っているのですが、東伊豆のB級グルメに「肉チャーハン」というものがあります。

何軒か肉チャーハンを出すお店があるのですが、中でもその元祖と言われている稲取の「かっぱ食堂」に行って来ました。

<
大きな地図で見る

かっぱ食堂、何度も前を通ったことはあるのですが、入るのは初めてです。なんか全然、中華屋さんに見えないんです。どちらかというと喫茶店のようなたたずまい。

Img_00052

お店の中を撮るのはちょっとはばかられたので写真はありませんが、内装もおしゃれな白系でBGMはスムーズジャズ…、やっぱり喫茶店のよう。

でもなぜか椅子だけは中華模様…。(・・;) いわゆる一つのミクスチャーと言うやつですな。(^^ゞ

店内からは外がよく見えます。

Img_0001

港の生活感あふれる景色に何故か和んでしまうのは僕だけでしょうか。

メニューの裏にはさりげなく(?)、「マイウ~」で有名なタレントの石塚英彦さんが来店した時の写真も。普通こういうのはサインといっしょに、入ってすぐに目立つところに掛けてありそうなものですが、ちょっと控えめな店主さんなんでしょうね。

僕のほかにも3組ほどお客さんがいましたが、みんな肉チャーハンを頼んでいました。やっぱり看板メニューなんですね。

で、これがその「肉チャーハン」(945円)です。

Img_00042

卵と白飯だけで作った炒飯の上に、肉野菜(たぶんキャベツ?)炒めみたいなのが乗っています。ちょっとしょっぱいけど、これがパクパクいける味です。石ちゃんならずとも「マイウ~」と言いたくなるお味です。

よくある肉野菜炒めとは違ってもっとあっさりしていながら、コクがあります。何か全然説明になっていませんね。(^^ゞ でも、美味しければそれでいいんです、ハイ。

稲取へグルメツーとなると、普通は金目鯛、アジ、サザエ、などの魚介系ですよね。そこであえて肉チャーハンを食して帰るとなれば、まさにツウと言うにふさわしいと思いますよ。伊豆リピーターの方は是非一度お試し下さい。

ただし、かっぱ食堂の唯一の問題点、それは駐車場が1台分しかない!ということなのです。どこか他に停めて少し歩くしかないです。地元に根ざしたお店だからしょうがないですね。歩きましょう。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

おでクリちょいクリ(松崎町 道の駅 花の三聖苑)

花粉症と震災後のいわれの無い不安のせいで、自分のために走るということがこの1ヵ月ほとんどありませんでした。

今日は休みをとって軽く出かけてきました。

ところでタイトルの「おでクリ」は「おでかけクリーニング」のことです。めんどくさがりな僕でも清掃を楽しめるようにするには散策と清掃をいっしょにすれば良いんじゃないか、と思いついてネーミングしてみました。(え、誰でもそのぐらい思いつくって? coldsweats01

もともとバイクいじりが楽しくて仕方がない、という人には何の役にも立ちませんが、メンテ嫌いな僕でも何とかメンテを楽しめないかと考え

  1. あめクリ
  2. ちょいクリ
  3. ちぇんクリ
  4. さびクリ
  5. せんクリ

の5コースを設定して、持ち物とかをリストアップしました。どーでもいい話ではありますが、詳しくはまたその内書きます。今回はちょいクリコースなので「おでクリちょいクリ」です。happy01

行き先は松崎町の道の駅 花の三聖苑 です。


大きな地図で見る

昼前に出発しお昼はまた河津町の大川家でうな重。ここのうなぎはガッツリ感がいいです。今日は肝吸いに木の芽が入っていて春爛漫な気分に。お客さんも少しずつ戻ってきているようでした。

途中の国道414号線(下田街道)から県道15号線にかけての道はいつ通ってもほのぼのとする気持ちのいいところです。しかも適度にくねくねしているので、右に左にヒラヒラと倒しこむ感覚がほんと気持ち良いです。

Image011

この時期、伊豆半島全体がフラワーパークみたいなものですが、 バイクから見る景色は格別です。写真じゃあまりわかりませんね。

あまりにも綺麗なので停まって写真に撮ってみると、なぜかイマイチなんですよね。また走りだすと素晴らしい景色! 停まるとイマイチ…。みなさんはそんなことありませんか? しばし考えてみました。

そうだ、わかった!!

なぜか? 大胆な仮説を発表します!!

バイクの運転中は、人間の本来の移動スピードに比べて格段に速い動きをしている上に倒れないようバランスもとらなければならず、しかも、アクセル、ブレーキ、クラッチ、などの操作が忙しい。さらには路面状態や対向車や前後の交通にも注意が必要…。と、否が応でも脳が活性化されるのでは?!

その活性化された脳が多くの景色を瞬時に認識する(できる)ため、連続した流れの中で一番素晴らしいと思えるアングルを強烈に認識できるのでは?

それに一瞬で知覚できる範囲(視角)も普段より格段に広がっていて、圧倒的なスケールの絶景を認識できるのでは?

なんてね。coldsweats01 その内、偉い脳科学者か誰かが解き明かしてくれるでしょう。

ほんとのところは分かりませんが、実感としてバイクで走りながら見る景色が最高です。それをどうにか写真に収めようとしても絶対に無理、なんです! (単に写真の腕が悪いだけ…?)

長い言い訳でしたが、要するに、途中の景色も素晴らしかったのですが、写真はありません…。coldsweats01 良かったら伊豆ツーしてみてください。

松崎では大沢温泉の桜が綺麗という話なので花の三聖苑に行く前に寄り道します。初めて県道15号線から大沢方面に曲がってみました。

200mも走らないうちにこの景色!

Image012

満開を少しだけ過ぎていますが、僕は新緑が少しだけ混ざる中で花吹雪になる景色が一番好きです。(満開に間に合わなかった負け惜しみではありません…念のため coldsweats01

Image013

実際はもっともっと綺麗です。

後ろの山も綺麗だったので撮って見ました。でも、これなら伊豆のどこでも変わらないかもしれません。

Image014

那賀川の支流(だと思うのですが…)は堤防もなく川縁まですぐに下りて行けるとてものどかな景色です。 思い思いに散策している人の姿もありました。バイクはちょっとうるさかったかな。ごめんなさい。

Image018

大沢温泉から県道15号線に戻り花の三聖苑を通り過ぎて、もう一つの目的地、那賀川の桜並木にて。そこここで河川敷までおりてお花見をしている方もいらっしゃいました。

Image022

そして、松崎で有名なお花畑。バックには那賀川の桜並木と。おいしいイタリアンのお店サルーテが。

Image029

農閑期の田んぼでたくさんの花を栽培し観光名所になっています。 さすがに、ここだけは平日でも結構人が来ていました。それでも混雑するほどではありません。5月になると無料でお花を摘めるらしいです。お花好きの方はぜひどうぞ。

たくさん寄り道をしましたがようやく道の駅 花の三聖苑に着きました。

Image032

ここはいつ来てもポカポカした空気に包まれています。平日だからか地震の影響だからか今日は空いていました。

ちょっとだけ休んだら、本日のメインイベントのクリーニングを開始。でも、駐車場の片隅なので周りを汚さないように気をつけます。だからクリーニングとは言ってもチェーンルブ追塗布とボディの拭き掃除だけです。ちょいとだけクリーニングするので「ちょいクリ」です。

2ヵ月近くほったらかしだったのですが、

Image033

錆びてナ~イ。(ちょっと汚れていますが…) 2回ぐらい雨にもあったけど全然平気ですね。偉いぞWako's チェーンルブ!

追塗布だけでご覧の通り。

Image034 

ちょっと回し者っぽくなっていますが、一切関係ありません。sweat01 なんも貰ってません。sweat01sweat01

まあ、僕がこのルブを気に入っていることは事実ですが。

ボディはケー○ーD2で買った安物のタイヤ&レザーワックス(スプレー)でふきふきしました。あまり綺麗になっていないのでアップはイヤン! 写真はありません。

チェーンは大丈夫でしたがボディには少し錆が浮いていました。スプレーワックスでは錆は取れないので、その内「さびクリ」をやりたいと思います。フロントフォークに小さなキズがあるようですぐにぽつぽつ錆が出てきます。今のところシールを傷つけるほどではないですが早めに落としておいたほうが良さそうです。

タイヤの空気圧も点検。フロントは良かったけど、リアが規定の2.00kPaから1.50kPaぐらいまで下がっていました。燃費が落ちたのはそのせいだったのか? やっぱりもうちょっと点検しないとダメですね。

フロントタイヤもかなり傷んできています。まだまだ溝はあるのですが…。しばらくはこのまま行くつもりです。

ブレーキクリーナーを持ってこなかったのでブレーキ周りはまた今度です。すこしキーキーがうるさくなっているので早めにクリーニングしなければ…。

小一時間、磯丸を綺麗にしたら、東伊豆に向かって出発です。今日はバイクも綺麗になったし、景色も綺麗だったし、お昼も美味しかったし、久々に開放された半日でした。

帰路の途中、婆娑羅峠から下田方面を臨んで1枚。

Image035_2

本物はもっとずっと綺麗です。やっぱり写真を撮るのが下手みたいです…。crying

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

磯丸(GN125H)の燃費 その16

久々に給油しました。

前回、報告するのを忘れていたので、2回分合わせて。

走行距離は652.4km、給油量は15.89Lでした。

ということで燃費は

41.1km/L

です。

納車時から今までの累積走行距離と累積給油量でみた平均燃費は

44.2 km/L

です。

確実に落ち続けていますね。(T_T)

何が悪いんでしょうね。調子はいいんですけどねぇ。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »