« 磯丸(GN125H)の燃費 その25 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »

2011年12月19日 (月)

奥 浜名湖 速攻 うなツー

12月17日土曜日、ついに浜名湖までうなぎを食べに行ってきました。

二年越しの想いが叶いました。 ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

行き先は食べログでも高評価な「炭焼うなぎ 加茂」(浜松市北区三ヶ日町)です。「ついに行ったぞ!」と言う満足感も味わえましたが、加茂の美味しさにも感動! 感動できるほどの美味しさというのはそうそうあるものではありませんので、この幸せに感謝!です。

 

思い起こせば約1年10ヵ月前、僕はひそかに「浜名湖うなツー」を画策していました。日常生活の足として磯丸を購入後約2ヶ月、たまには遠出したいなと思ってのことでした。

それからと言うもの、準備編として伊豆や三島のうなぎ屋さんをめぐったり、行ったお店をマップに落とし込んだり、といろんなことをしてきました。一時期はこのブログはうなぎブログと化していたものです。
(;・∀・)

「いつか行こう、いつか行こう…」と、思いながら、なかなか日程調整ができず、計画は延び延びになっていました。同じ静岡県とは言え、東の端伊豆から西の端浜名湖までは、約220kmの距離です。当然泊ツーになると思っていました。

でもよく考えてみたら、今年の夏の第1回 全国GN125ミーティングからの帰りは1日で約470km走ったなぁ。

「そうだ、日帰りで行けばいいじゃん!」 (・∀・)ソレダ!!

と、突如思い立ってしまいました。

思い立ったが吉日、というわけで朝5時過ぎにに出発!

 

気楽に出発したものの(一応フェイスマスクやアンダーグローブなども装着した冬装備でしたが)、夏とは違って夜明け前の峠越えはとても寒い! まあ、凍結しないような道を選びましたが、それでも寒い。 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

夏にも立ち寄ったマクドナルド1号富士店に到着した時は、ホッとすると同時にちょっと後悔もしていました。こんな日に来るんじゃなかった…。

朝焼けに染まる富士をチラ見して、速攻で店内へ。

Sbsh0014

恒例の朝マックでしたが、寒くて写真を撮る余裕はありませんでした。(別に面白い写真でもないし…。)

ここからは富士-由比バイパスと言う名の”高速道路”を走り、御前崎へ行った時の教訓を活かし自動車専用道路の静清バイパスと藤枝バイパスは避け、国道1号線をひたすら西へと向かいます。

GN125のことを、非力だとか、遅いとか、誤解してる人がいますが、“高速道路”の右車線をビュンビュン走ってもなお余裕があります。そんな誤解をする人は、きっと比べる対象が隼とかポルシェなんでしょうな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ちなみに向かい風がやんだ時、カーブでしたが今までの最高記録を更新しました。ついにぬふわkm/hの大台を超えました。
(ちゃんと前後見てますからね。決して無理はしていませんよ…。)

 

この日は全国的に冷え込んだようで、どこまで行っても冷えた体はなかなか元に戻りません。

Sbsh0016

こんなところで束の間の暖を取り、またひたすら浜名湖を目指します。

走ること約6時間(休憩約1時間を含みます)、ついにやって来ました。 

Img_0587_

11時開店で11時15分には到着したのに、駐車場はもうほぼ満車です。こんな時もどこにでも止められるGN125、いいですねぇ。

店内に入ったらカウンター席に案内して頂きました。僕の直後のお二人様は「申し訳ありませんが満席なので40分ほどになります。」と言われていましたので、滑り込みセーフだったようです。ラッキーでした。

お品書きです。

Img_0580_

うな重(特上)、と行きたいところですが、大食漢ではないので、うな重(上)、を頼みました。

 

本格的なうなぎ屋さんは大抵注文してから出てくるまで時間がかかります。

厨房が見えないお店も多いのですが、こちらはカウンターから炭火の炉(?)がよく見えます。

こちらのお店では、うなぎを蒸さずに直焼きしているようです。生のうなぎって見たことなかったのですが、身はほんのりピンクがかってるんですね。

焼けるにしたがって、だんだん身がしまって膨らんで行くのが見えます。う~ん、期待も膨らむ~。
( ̄¬ ̄) ジュル・・・

Img_0583_

そして、これがお待ちかねのうな重(上)。うなぎ一匹分です。

Img_0585_

見る人が見ればすぐに分かるかもしれませんが、身の厚さが違います。いきなり出会いからガツンと一発くらわしてきます。

本当に美味しいうなぎには、山椒さえもかけたくないものです。まずはそのまま一口…。

旨い!

噂にたがわず、本当に旨いっす。

表面はパリっと香ばしく焼きあがっています。そして中はふわふわというよりもしっかりとした弾力のある歯ごたえ。炭火で焼く中で油が必要十分に落とされ、ジューシーかつ濃厚でありながら、しつこさはありません。上品さとボリューム感を絶妙なバランスで両立させています。素材を厳選しているからこそできることなのかもしれません。この身の厚さは他店ではなかなかお目にかかれないと思います。

タレは甘辛のちょうど中間ぐらい。素材がいいからもちろんタレの追加は全く不要、というかそんなことしたら味の邪魔になります。

肝吸いもまた絶品です。クリーミーで濃厚な食感の肝が入っていて、苦味と甘味のバランス がまたとても( ・∀・)イイ!! 湯葉が上品さを添えています。

お新香ですが、まあこれは普通に美味しかったです。メインのうなぎと肝吸いがスゴすぎるので、ちょっと存在感が薄まっていますが、まあそれはそれでいいんじゃないかと思います。メインの邪魔をすることなく名脇役に徹していると言った感じです。

半分食べ進んだところで、少ぉし山椒を…。

そしたら、これがまた、

旨い!

 

さすがです。山椒との相性もまた素晴らしくイイです。

結局2/3は山椒無しで、1/3は山椒を少しかけて頂きました。

素晴らしい体験でした。ここまで完璧なうな重にはそうそう出会えるものではないと思います。わざわざ浜名湖まで来た甲斐がありました。

味はピカ一ですが値段はリーズナブル。大将はきっと職人気質の方なんでしょうね。もっと高くてそこそこな味のお店がたくさんある中で、これは立派だと思います。これだけ美味しければツアー客とか集められそうですが、観光バスで乗り付けるようなお店になってしまうと、大抵味が落ちちゃいますからね。

まあ、浜名湖と言っても三ケ日なんでハデさはまったくありません。奥浜名湖ののどかな街道沿いのお店です。東名のインターから近いので首都圏や関西からわざわざ食べに来る人も多いらしいですが、納得できます。

 

さて、帰るとします。

往きには余裕がなくて横目で通り過ぎた浜名湖を臨んで記念撮影。

Img_0588_

このあたり、国道362号から県道216号にかけては「姫街道」と呼ばれ、江戸時代に東海道の脇道としても栄えたそうです。もちろん東海道ほどのハデさはなかったのでしょうから、その時代からの気風が今に受け継がれているような感じがしました。

 

Img_0594_

本陣跡が小さな公園になっていました。

 

僕の好きな典型的な黄色県道(マップルの色にちなんで)です。磯丸で流していて本当に気持ちのいいルートです。

Img_0597_

 

松並木が江戸情緒を感じさせますね。

Img_0601_

 

さて、のどかな姫街道を浜松までたどったらまた1号線です。

途中島田のミニストップで1回休憩しましたが、写真は撮らずすぐまた出発。何をそんなに急いでいたのかと言うと、清水から土肥へ向かう駿河湾フェリーの最終便を目指していましたのです。頑張った甲斐あって最終便出港10分前に清水港に到着。大急ぎで乗り込みました。

駿河湾横断に約1時間もかかるので時間短縮効果は大したことないのですが、暖かい船内でゆっくり休めるのがいいんです。

今回のツーの成功を祝して乾杯!

Sbsh0023

 

清水港からは富士がよく見えます。

Img_0604_

 

徐々に日が沈んで行きます。

Img_0609_

 

夕日に染まる富士。

Img_0611_

 

反対側に目を向けると太平洋に沈んでしまった夕日の名残が見えました。

Img_0618_ 

土肥に着く頃にはすっかり日も暮れていましたが、しっかり休んだので残り約50kmはリラックスして走れました。

結局、自走距離400kmちょっとのプチツーでした。意外と近いね浜名湖。(・∀・)

加茂のうなぎはほんとに美味しかったです。機会があったらぜひ行ってみて下さい。

最後に今回のルート(最初と最後は省略)です。

より大きな地図で 奥浜名湖 速攻うなツー を表示

 


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています。

|

« 磯丸(GN125H)の燃費 その25 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »

3. 走行ログ」カテゴリの記事

6. 旨いモン」カテゴリの記事

コメント

のび作さん、こんばんは♪
浜松のうなぎ屋さんは、養殖と違って肉厚で美味しいですよね(^^
僕は、違う店なんですが行った事あって凄く美味しかった記憶があります♪浜松といえば、'うなぎパイ'でうなぎパイ工場の見学会があって、その場で工場見学を申し込むと30分程の工場見学をすると’うなぎパイ’のお土産がもらえます(笑)
子供を連れて行きましたが、なかなか楽しかったみたいで喜んでいました^^浜松SAは、広くて景色も良いし色んな物があって楽しいですね!静岡は伊豆を筆頭に、良い所多いですね♪♪


投稿: カイロ | 2011年12月19日 (月) 20時16分

おぉーうなぎ美味しそうですね!羨ましいです。
中部のツーリングマップル買ったのはそのためでしたか。
私もいつか真似して行ってみたいです。ブログ読んでいたらお腹が減ってきました(笑)

投稿: takafumi | 2011年12月19日 (月) 20時32分

のびさん今晩は。
あららー近くまで来たんですねー。事前に分かっていれば駆けつけたのにー!残念。あの店には行ったことはありませんが、ツレんちの近くなんでよく前を通ります。今度、私のとっておきの鰻屋さん紹介しますね、、、といっても愛知の奥三河ですが、、、。

投稿: やまちゃん | 2011年12月19日 (月) 21時11分

>カイロさん

コメント有難うございます。10年ぐらい前ですが浜松SAでうな重食べましたが、美味しかった記憶があります。

今回、そんなに頑張らなくても浜名湖までは行けることが分かったので、頑張れば愛知県も東部なら日帰りで行けそうな気がしてきました。いろいろグルメ掲示板とかにご紹介下さるとうれしいです。

投稿: のび作 | 2011年12月19日 (月) 21時43分

>takafumiさん

コメント有難うございます。
頑張ればもっと遠くまで行けそうな気がします。takafumiさんは長距離ツーリングに慣れてるみたいですから、浜名湖まで日帰りできるんじゃないですか。往復で500kmないんじゃないでしょうか。
レポートお待ちしています。\(^o^)/

投稿: のび作 | 2011年12月19日 (月) 21時50分

>やまちゃんさん

コメント有難うございます。
そうか豊橋は静岡県の隣でしたね。うなぎは奈良時代よりも前からのスタミナ食らしいですから、全国各地に旨い店がありますね。奥三河でも頑張れば行けそうな気がしてきました。ぜひよろしくお願いします。
あ、でももうちょっと暖かくなってからがいいかも…。(^^ゞ

投稿: のび作 | 2011年12月19日 (月) 21時59分

こんばんは。
美味しそうですね~、私は神奈川育ちですが、家内が愛知出身です。家内の実家に行った折うなぎ食べて「あ、蒸さないんだ!」と思いました。でもやはり素材がいいのか香ばしくて美味しいなあ、と思いました。(家内に言わせると蒸したのは物足りないそうです・笑)
食文化で、面白いですね。因みに財政難時にスーパーのうなぎ(3切れで千円以下)を買ったときは蒸してごまかしてますが♪。

投稿: きーぼっく | 2011年12月19日 (月) 23時51分

>きーぼっくさん

コメントありがとうございます。
蒸したのもまた美味しいので、どちらも甲乙付け難いです。

関東風蒸焼きうなぎ二段重ね重は幸せを呼ぶアイテムですね(お金とお腹に余裕があれば…)。(^^ゞ

投稿: のび作 | 2011年12月20日 (火) 07時30分

のび作さん、ツーリングお疲れさまでした。
うなぎ美味しそうですね。

鹿児島の大隅半島のうなぎも有名です。
関東のように高級料理じゃなくて、
値段が安くてランチに行く感覚で食べれます。
 
でも、私は苦手でした…。
 
だって、お頭付きなんです(>_<)
スーパーのうなぎも、頭付きです…

投稿: かりん | 2011年12月20日 (火) 09時19分

最新版「のび作 の GNで往く う な ぎ 屋 放 浪 記 」、素晴らしい!
思い立ったが吉日。まさにその通りと成りましたね!確かに、冬の朝は
防寒しっかりしても、バイクでの走行は「超痛寒」ですよね。
だども、そんな中、走り出してしまえば、心は彼方、目的地へ向かうもの
だすよね!その日が終われば、寒さなんて、忘れてるもんだすよね。
うなぎもさることながら、「駿河湾のフェリー」良いだすな!オラも1月
にでもチャレンジして来ます!富士山を拝みながらのノンアルビーも、
是非やりたいだす!!!(アドバイスお願いすます~)

投稿: マルスジ | 2011年12月20日 (火) 11時43分

>かりんさん

コメントありがとうございます。
僕は頭付きのうなぎなんて見たことないです。見てみたいような気もするけど、やっぱり普通のうな重がいいですね。

投稿: のび作 | 2011年12月20日 (火) 12時47分

>マルスジさん

コメントありがとうございます。
冬は本当は遅く出て早く帰るのがいいんですけどね。
フェリーはなんかぜいたくな気分になれるので好きです。マルスジさんもぜひ乗ってみてください。駿河湾フェリーはスタビライザー装備なのでほとんど揺れませんよ。快適です。

投稿: のび作 | 2011年12月20日 (火) 13時08分

うなぎ放浪日記スゴイ
静岡・鰻の旅とでも言いましょうか・・・・
とても鰻だけで往復12時間は考えられません(^^ゞ
少し高いけど美味しいでしょうねww
もう少し行くと愛知県ですな
やはり全国オフは愛知県ですかね。
う~~なんかワクワクしてきた
味噌とんかつ想像してます。

投稿: びわ吉 | 2011年12月20日 (火) 22時43分

のびさん、最近チャットにも来ないし何か怪しいと思ってたら・・・

ひ、姫街道??
行くしかないですね、うなぎミート(/・・)
チャットで新年会の企画が立ってます。
新年会は酒抜きでうなぎミートがいいだすなあ!

投稿: まあしい | 2011年12月22日 (木) 17時34分

>びわ吉さん

うなぎのために走るのか、走るためにうなぎを食うのか、もう訳がわからなくなってますね。(^^ゞ

チョイ乗りしかしていなかった僕にロングライドの自信をくれたのはGN倶楽部です。それも元をたどればびわ吉さんのブログへ行き着くので、本当にびわ吉さんには感謝しております。

寒いとは言っても凍結のない道が続く太平洋にも感謝です。

投稿: のび作 | 2011年12月23日 (金) 20時58分

>まあしいさん

コメントありがとうございます。

うなぎは全国に名店がありますから、浜名湖にこだわることはないと思いますが、何か目標があると走るのがよけい楽しくなりますね。

冬は凍結や積雪の無い太平洋岸がいいですね。

いつの間にか新年会の企画も出てるんですね。いつも暇そうな僕ですがたまには忙しくなったりもするんです…。(´・ω・`)
またチャットの方にも出没しますね。

投稿: のび作 | 2011年12月23日 (金) 21時13分

のび作さんこんばんは。
以前はHPにご訪問いただき、ありがとうございます。
実は26,27日と、浜名湖のうなぎを食べにくこととなったので、とても参考になりました。
ツアラー化しつつあるGNでツーリングするのが、とても楽しみです。

投稿: くも | 2011年12月24日 (土) 00時35分

いや〜のび作さんの鰻に掛ける情熱が伝わってきます(´∀`)
私もラーメンを食べる為、福島県まで行った事がありますよ(^^)v

投稿: ぴーす | 2011年12月26日 (月) 17時53分

>くもさん

コメントありがとうございます。

返信遅くなってる間にもう、行ってこられましたかね。

今は倶楽部にグルメ掲示板もありますので、よかったらくもさんの感想もアップしてみてください。

投稿: のび作 | 2011年12月26日 (月) 21時53分

>ぴーすさん

コメントありがとうございます。

ラーメンはもっと奥が深いですよね。なんちゃってグルメレポーターの僕ではとても太刀打ちできないので、あえて沈黙していますが、時々美味しい店に出会うとうれしくなりますよね。
ちなみに、僕はラーメンなら豚骨派です。

投稿: のび作 | 2011年12月26日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290681/43423107

この記事へのトラックバック一覧です: 奥 浜名湖 速攻 うなツー:

« 磯丸(GN125H)の燃費 その25 | トップページ | 今年も一年ありがとうございました »