6. 旨いモン

2012年11月 7日 (水)

今夜はハシゴdeナイト!

Img_1360
ありがとう、みんな。楽しい夜になりました。(若干1名は顔出し本人了解済みです。)

今日は立ち呑みイベントのハシゴdeナイトに行ってきました。
とってもおいしいお店がリーズナブルなお値段でたのしめます。

あしたもやってますので、まだの方はぜひ行ってみてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

小鹿野わらじカツ丼ツー

気がつけばもう9月も下旬…。1ヶ月ほどのご無沙汰でした。

先日、ウェルカム・ライダーズを標榜している埼玉県小鹿野町まで、名物わらじカツ丼を食べに行ってきました。

いろいろ書きたい事があったのですが、なかなか書く時間が取れない中、記憶も色あせて行きそうなので、一言だけ書き記しておくことにします。

 

 

遡って2012年9月4日の夜、マルスジさんオススメのBS11のバイク番組MOTORISEで小鹿野の特集をやっていました。
前から行ってみたいと思っていた小鹿野。バイクで町おこしと言いながらイマイチ気合いの入っていない肩肘張らない感じが好感が持て、ずっと気になっていました。

「そうだ、小鹿野へ行こう!」
突然思い立って「今週末、小鹿野へ行くけど、誰かご一緒しませんか~」と倶楽部の掲示板でつぶやいてみたのが決行3日前。
にも関わらず、6名もの賛同者を得て、9月9日の日曜日、急遽「小鹿野わらじカツ丼ツー」プロジェクトが始動したのでした。

話を思いっきりはしょって、これがその、わらじカツ丼!

Img_1092

甘辛しょうゆダレが絶品です。

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

お店は昔ながらの風情の、その名も「昭和」!

Img_1095s

ここへたどり着くまでも、その後も、あっちこっち走って楽しい1日でした。

めでたしめでたし。(^^ゞ

ルートです。

より大きな地図で のびーを小鹿野へ連れてって を表示

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

うおたけ 生ちらし丼 (東伊豆町奈良本)

久々の更新です。でもバイクネタが何もないので旨いモンネタです。(^^ゞ 

 

 

最近コンビニ食が続いていたので、たまには良いものを食べようと思って、昨日は地元で旨いと評判の店、うおたけに行ってきました。

何度も前を通ったことはあるのですが、実は入るのは初めてです。

概観はちょっと「きたなトラン」風なので一瞬ちゅうちょしましたが、思い切ってのれんをくぐりました。

そこそこいい時間でしたが、お客は僕一人。ちょっと緊張しつつしばらく迷いましたが、結局いろいろ乗ってそうな生ちらし丼をたのみました。

それが、これ! ( ゚д゚)ドカーン!!

Img_0648_

税込み1,575円だけど、すごいボリュームです。ご飯の量はたいしたことはないので大盛クラブの方には不満かも知れませんが、ネタの量がハンパない!! 観光地価格のお店ではたぶんこの倍以上の値段を取られそうな内容です。

なんと、ここに見えてるネタの下にもまだ二重にネタが仕込まれてます。

( ゚∀゚ )

あまり魚に詳しくないのですが、たぶん、サザエ、アジ、〆サバ、タコ、イカ、マグロ、卵焼き、それに(たぶん)メジナ(?)。 種類も量も豪華です。

( ゚∀゚ )

それぞれが新鮮でしっかりした味わいです。

( ゚∀゚ )

さらに味噌汁も(゚д゚)ウマー! たぶんズガニか何かの出汁、コクのある味わいでした。

( ゚∀゚ )

特筆すべきは、イカの新鮮さ。透明で少しトロみがあって絶品です。

 

( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )

大満足でお店を後にしました。

 

昭和レトロが好きな方にもオススメです。国道135号線からちょっとだけ入ったところにあります。


大きな地図で見る

お店の写真を取るのを忘れてしまいました。気になった方は食べログとかを見てちょ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

なんだろう家ってなんだろう?

今日は前から気になっていた南伊豆のカフェ、なんだろう家に行ってみました。

1338625328518.jpg


1338625354879.jpg


1338612425412.jpg


カレーセットを頼んでみました。
1338614560820.jpg
ルーはサラッとしていてシンプル系。o(^▽^)o


きっとデザートもシンプル系、と思ってガトーショコラを頼んだら…

1338614589628.jpg

おお! まさかのゴージャス系!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

超デカケーキに、ホットチョコシロップ、生とアイスのWクリーム添え、&イチゴ~!!

もちろん数分後には


1338615330638.jpg


嬉しい誤算で、大満足、です。

1338624631780.jpg

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

苺ミー in spring 2012

去る3月11日(日)、GN倶楽部の赤い彗星こと、シュガー・アズナブル大佐が主催する「南房総苺狩りミーティング」が開催されました。

参加された皆さんが、あちこちでブログやら動画やらにして、まとめてくださっていると言うのに、僕ときたら、10日以上も経つのにブログはおろか写真の準備さえできない有様でした。

まあ忙しかったと言えば忙しかったのですが、そんなのは皆同じ、ですよね…。

要するに、たるんどる!! と言うだけのことなんです、ハイ…。

 

 

まあ、その日もとてもまったり出来たので、まったりし過ぎですっかり気の抜けたサイダーのようなイマサラ記事も、まあその、何ですな、sweat01 ミーティングの雰囲気をよく表していて、いいんじゃないかと…。sweat01sweat01

 

と、言うことで、サラサラっと書きなぐっちゃいます。

 

 

その日僕は気合を入れて5:00出発! のつもりが、まさかの雨…。あわてて携帯で天気予報を確認するも、どうやら伊豆だけがしばらく雨の様子。仕方がないの少し小降りになるのを待って、霧雨の中を出発しました。

 

雨だし寒いし途中の写真は一切なし! でも久里浜までの約130kmは、本当はそれだけでツーリングと呼べるほどのなかなか良いコースなんです。まあでも、贅沢にもそこは一気呵成に駆け抜け、朝のフェリーを目指しました。
実はあまりの寒さに耐えかねて、途中マックで休憩しました…。 No_048_2


がんばった甲斐あって、出港ぎりぎりにターミナルに到着、そして先に着いていた皆さんと言葉を交わす間もなく乗船。

やっと一息ついて、デッキに出てみると明け方の雨が嘘のような、気持ちのいい青空と青い海が広がっていました。

1

りかさん、かもめがお好きみたい。heart 「手から食べてくれたー!」と、とっても上機嫌です。

4

降りる間際には初対面のたくさんが、ご丁寧に挨拶に来てくださいました。

やんちゃ仕様と聞いていましたが、とっても好青年。やっぱりGN乗りに悪い人はいないんだ、と勝手に納得して下船したところへ、シュガー大佐じきじきにお出迎え。こちらも好青年!
アレッ、今回はオレンジのジャンパーじゃないの?

すでに、陸路組のYuapuさん、さもさん、ぴーすさん、も到着していて、ここで全員集合!

( ´∀`)゚Д゚)・∀・)゚∀゚)・ω・)´_ゝ`)`∀´> ̄ー ̄)*゚ー゚)-_-)゚∋゚)=゚ω゚)

特別な仕切りや自己紹介もなく、まったりトークが始まる。 そして、忘れ去られる「恋人の聖地」のモニュメント…。

この雰囲気がなんか落ち着く僕って…。

003

 

 

 

 

皆さんのバイクを簡単に紹介します。

ぴーすさん のGN (ガイア)

6

さもさん のGN
7

もっち~さん&りかさん のGN

8

Yuapuさん のEN
9


たくさん のGN
10

のび作 のGN (磯丸)

11

たーぼさん のGN  (さもさんからもらったトップケースを取り付けている模様…)

12

takafumiさん のEN
13


そして、われらがシュガー大佐専用機! (Lady)
5_4

 

 

 

 

 

 

今回は全くお任せ状態で、僕は隊の中間あたりをひたすらまったりと走っているだけ。南房の山間の道を満喫できます。

結構走りました。 「着いたかな?」と思った道の駅 三芳村ではいちご狩りはやっていないそうで、結局、館山いちご狩りセンター、へ。

当たり前ですが、見渡す限り、苺、いちご、イチゴ!

2

No_154

1周回る間に、1パック分は十分食べました。

僕は休めばまだまだ行けそうだったのですが、皆さん早々に退出されちゃいました。

(゚Д゚≡゚Д゚)エッ

ちょっと名残惜しかったけど、そのぐらいがちょうど( ・∀・)イイ!! んですよね、本当は。
お陰でいちごを嫌いになることなくハウスを後にできました。

 

 

さらに南下。途中、撮影タイムを兼ねた、ぐだぐだ休憩。

14

3
ここでも、気持ちのいい青空が広がっていました。

 

001 こんな撮影をしてる人も…。

そして、その後また洲崎灯台そばをかすめる内房ロングジャーニーの後、15時半を過ぎてお腹もぺこぺこになった頃、お待ちかねの「ばんや」到着!

No_151
何事もなくこの日のこの時間にゆかいな仲間たちと美味しい物が食べられることに改めて感謝の気持ちを強くしました。

 

さあ、食うぞ~! と、気合を入れましたが、すでに売れ切れが続出しています。結局無難な感じの朝どれ寿司に。

No_113_
ネタのさばき方がちょっと素人っぽい感じもしましたが、やっぱり鮮度はイイ感じ。おいしくいただきました。

さすがにこの時間お客さんは少なかったので、遅めのお昼をみんなでゆっくり味わいました。かなりのボリュームある料理に挑戦していた人もいたようです。

 

 

 

金谷港に戻った頃には日も暮れてかなり寒くなってきていたのですが、やっぱりツーリングに出たらコレ!

No_116_

最後はビワ&バニラのミックスソフトでしめ、岐路のフェリーへと乗り込みました。

この日は結構走りました。 うろ覚えですが、大体こんなコースだったと思います。

より大きな地図で 南房総苺狩りミーティング を表示

シュガーさんをはじめ参加された皆さん、かけがえのない思い出をありがとうございます。また会いましょう!
d(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

湘南まったりミーティング

もう1週間も前のことですが、またまたGN倶楽部のローカルミーティング「湘南まったりミーティング」に行ってきました。

参加者にはブロガーさんも多く、すでにあちこちに記事がアップされていて“今さら感”あり過ぎですが、「一応僕もいましたよ~!」と主張するために、簡単ではありますが僕もちょこっだけと書いて見たいと思います。

開催日は2月5日(日)。一年中で一番寒いこの時期にも関わらずなんと過去最高となる21台23人が集まりました。それもこれもこの日の主催者“姫”こと、かりんさんの人徳のなせる業です。

集合場所は平塚の湘南平。ここの展望台からの眺めはとても素晴らしいのだそうですが、今回も皆さん全く観光資源には見向きもせず、ひたすらバイクを取り囲んで雑談…。僕も全く景色を見ることも写真を撮ることも忘れていました。

001

 

小1時間まったりしたあとは、かりんさんオススメのタヒチアン・レストラン「ボラボラ」へ大挙して移動です。
この日はGN倶楽部のためにお店は貸切です。
今回僕がお願いしたのはこれ、サザンパシフィックカレー!

002

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

ボリューム満点の鶏肉とココナッツの香りがエスニック感をかき立てます。しかし特筆すべきは野菜が美味しいこと。こういうところにマスターのこだわりを感じます。

そして、食後のデザートは“姫”かりんさんプロデュースの“プリュ エ”。

003

こちらも(゚д゚)ウマー
濃厚な味わい&しっかりした甘さなのに低糖質で太りにくいんだそうです。ダイエット中の方にもオススメです。

楽しいランチタイムもあっという間に過ぎ、最後はみんなで江ノ島までプチ走行し、現地解散となりました。

004

終始なごやかな雰囲気で、まさに「まったりミーティング」でした。

 

今回、完全に出遅れてしまったので、なんかテンション低めの記事になっちゃいましたが、お許し下さいね。当日はとても楽しかったです。
かりんさん、参加された皆さん、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

伊勢海老のクリーム生パスタ しいの木やま(南伊豆町伊浜)

   伊勢海老のクリーム生パスタ しいの木やま(南伊豆町伊浜)
正月なんでね、贅沢に2,000円。
言わすもがな、旨いっす。

 

【追記】

西伊豆は意外と(?)お洒落な店が多いんですね。しいの木やまさんはレストランとコテージを営んでおられるよう。

元旦の昼前、松崎まで走ったはいいけどその先なんにも考えなてなかったので、国道136号線を南へ流しながら、たまたま入ったお店でした。

たぶん僕が知らなかっただけで有名店なんでしょう。既に満席で13時過ぎてからもまだお客さんがやってきて一時は寒い中外で待っておられたようです。

こんなところです。

Image015_

左端の建物がレストランです。そして手前の広場は夕陽丘キャンプ場。経営はしいの木やまさんとは別なようですが、キャンプして食事はお洒落にレストランとかも可能ですね。

 

お店の前で記念撮影。

Image016

 

キャンプサイトからの眺めも最高です。

Image014

看板を見落とさないように注意。国道から建物はたぶん見えません。

Image018_

そのままいつもの道ではつまらないので、帰りは小浦から県道119号線へ。

写真を撮りそびれましたが、そもそも小浦の入り口からしてとても主要道とは思えないような道です。

途中で1枚。

Image019_

これでも主要道です。(^^ゞ

Image020_

鬼太郎の里のような雰囲気…。(^^ゞ くどいですが、これでも主要道です。

もっとすごいところがありました。いきなりお墓がでてきたり、道路中央が苔むしてたり、お決まりの松の枯葉のトラップが敷き詰められていたり…。

 

でも、世の中にはこんな道を愛でる方もいらっしゃるんですね。

http://route81.blog37.fc2.com/blo g-entry-113.html

ひとそれぞれですね…って自分も走ってるんですが…。距離は短いですが走りごたえのある道でした。

ようやく開けてきます。

Sbsh0008

以前、青野大師ダムに行った帰りはこのあたりから走ったので、まさかあんなにすごい山道だとは思いもしませんでした。

 

疲れたので南伊豆町の前から気になっていたケーキ屋フォンテーヌで休憩。

Sbsh0009

ガトーフランボワーズとコーヒーのセット。あっさりしていて美味しかったです。

いつも南伊豆へ来るたびに前を通りながら気になっていたお店です。こちらも人気店のようで元旦だと言うのに満席で少し待ちましたが、待った甲斐のあるお味でした。

元旦プチツーはなかなかいい気分でした。お天気もよく暖かかったしね。


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

奥 浜名湖 速攻 うなツー

12月17日土曜日、ついに浜名湖までうなぎを食べに行ってきました。

二年越しの想いが叶いました。 ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

行き先は食べログでも高評価な「炭焼うなぎ 加茂」(浜松市北区三ヶ日町)です。「ついに行ったぞ!」と言う満足感も味わえましたが、加茂の美味しさにも感動! 感動できるほどの美味しさというのはそうそうあるものではありませんので、この幸せに感謝!です。

 

思い起こせば約1年10ヵ月前、僕はひそかに「浜名湖うなツー」を画策していました。日常生活の足として磯丸を購入後約2ヶ月、たまには遠出したいなと思ってのことでした。

それからと言うもの、準備編として伊豆や三島のうなぎ屋さんをめぐったり、行ったお店をマップに落とし込んだり、といろんなことをしてきました。一時期はこのブログはうなぎブログと化していたものです。
(;・∀・)

「いつか行こう、いつか行こう…」と、思いながら、なかなか日程調整ができず、計画は延び延びになっていました。同じ静岡県とは言え、東の端伊豆から西の端浜名湖までは、約220kmの距離です。当然泊ツーになると思っていました。

でもよく考えてみたら、今年の夏の第1回 全国GN125ミーティングからの帰りは1日で約470km走ったなぁ。

「そうだ、日帰りで行けばいいじゃん!」 (・∀・)ソレダ!!

と、突如思い立ってしまいました。

思い立ったが吉日、というわけで朝5時過ぎにに出発!

 

気楽に出発したものの(一応フェイスマスクやアンダーグローブなども装着した冬装備でしたが)、夏とは違って夜明け前の峠越えはとても寒い! まあ、凍結しないような道を選びましたが、それでも寒い。 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

夏にも立ち寄ったマクドナルド1号富士店に到着した時は、ホッとすると同時にちょっと後悔もしていました。こんな日に来るんじゃなかった…。

朝焼けに染まる富士をチラ見して、速攻で店内へ。

Sbsh0014

恒例の朝マックでしたが、寒くて写真を撮る余裕はありませんでした。(別に面白い写真でもないし…。)

ここからは富士-由比バイパスと言う名の”高速道路”を走り、御前崎へ行った時の教訓を活かし自動車専用道路の静清バイパスと藤枝バイパスは避け、国道1号線をひたすら西へと向かいます。

GN125のことを、非力だとか、遅いとか、誤解してる人がいますが、“高速道路”の右車線をビュンビュン走ってもなお余裕があります。そんな誤解をする人は、きっと比べる対象が隼とかポルシェなんでしょうな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ちなみに向かい風がやんだ時、カーブでしたが今までの最高記録を更新しました。ついにぬふわkm/hの大台を超えました。
(ちゃんと前後見てますからね。決して無理はしていませんよ…。)

 

この日は全国的に冷え込んだようで、どこまで行っても冷えた体はなかなか元に戻りません。

Sbsh0016

こんなところで束の間の暖を取り、またひたすら浜名湖を目指します。

走ること約6時間(休憩約1時間を含みます)、ついにやって来ました。 

Img_0587_

11時開店で11時15分には到着したのに、駐車場はもうほぼ満車です。こんな時もどこにでも止められるGN125、いいですねぇ。

店内に入ったらカウンター席に案内して頂きました。僕の直後のお二人様は「申し訳ありませんが満席なので40分ほどになります。」と言われていましたので、滑り込みセーフだったようです。ラッキーでした。

お品書きです。

Img_0580_

うな重(特上)、と行きたいところですが、大食漢ではないので、うな重(上)、を頼みました。

 

本格的なうなぎ屋さんは大抵注文してから出てくるまで時間がかかります。

厨房が見えないお店も多いのですが、こちらはカウンターから炭火の炉(?)がよく見えます。

こちらのお店では、うなぎを蒸さずに直焼きしているようです。生のうなぎって見たことなかったのですが、身はほんのりピンクがかってるんですね。

焼けるにしたがって、だんだん身がしまって膨らんで行くのが見えます。う~ん、期待も膨らむ~。
( ̄¬ ̄) ジュル・・・

Img_0583_

そして、これがお待ちかねのうな重(上)。うなぎ一匹分です。

Img_0585_

見る人が見ればすぐに分かるかもしれませんが、身の厚さが違います。いきなり出会いからガツンと一発くらわしてきます。

本当に美味しいうなぎには、山椒さえもかけたくないものです。まずはそのまま一口…。

旨い!

噂にたがわず、本当に旨いっす。

表面はパリっと香ばしく焼きあがっています。そして中はふわふわというよりもしっかりとした弾力のある歯ごたえ。炭火で焼く中で油が必要十分に落とされ、ジューシーかつ濃厚でありながら、しつこさはありません。上品さとボリューム感を絶妙なバランスで両立させています。素材を厳選しているからこそできることなのかもしれません。この身の厚さは他店ではなかなかお目にかかれないと思います。

タレは甘辛のちょうど中間ぐらい。素材がいいからもちろんタレの追加は全く不要、というかそんなことしたら味の邪魔になります。

肝吸いもまた絶品です。クリーミーで濃厚な食感の肝が入っていて、苦味と甘味のバランス がまたとても( ・∀・)イイ!! 湯葉が上品さを添えています。

お新香ですが、まあこれは普通に美味しかったです。メインのうなぎと肝吸いがスゴすぎるので、ちょっと存在感が薄まっていますが、まあそれはそれでいいんじゃないかと思います。メインの邪魔をすることなく名脇役に徹していると言った感じです。

半分食べ進んだところで、少ぉし山椒を…。

そしたら、これがまた、

旨い!

 

さすがです。山椒との相性もまた素晴らしくイイです。

結局2/3は山椒無しで、1/3は山椒を少しかけて頂きました。

素晴らしい体験でした。ここまで完璧なうな重にはそうそう出会えるものではないと思います。わざわざ浜名湖まで来た甲斐がありました。

味はピカ一ですが値段はリーズナブル。大将はきっと職人気質の方なんでしょうね。もっと高くてそこそこな味のお店がたくさんある中で、これは立派だと思います。これだけ美味しければツアー客とか集められそうですが、観光バスで乗り付けるようなお店になってしまうと、大抵味が落ちちゃいますからね。

まあ、浜名湖と言っても三ケ日なんでハデさはまったくありません。奥浜名湖ののどかな街道沿いのお店です。東名のインターから近いので首都圏や関西からわざわざ食べに来る人も多いらしいですが、納得できます。

 

さて、帰るとします。

往きには余裕がなくて横目で通り過ぎた浜名湖を臨んで記念撮影。

Img_0588_

このあたり、国道362号から県道216号にかけては「姫街道」と呼ばれ、江戸時代に東海道の脇道としても栄えたそうです。もちろん東海道ほどのハデさはなかったのでしょうから、その時代からの気風が今に受け継がれているような感じがしました。

 

Img_0594_

本陣跡が小さな公園になっていました。

 

僕の好きな典型的な黄色県道(マップルの色にちなんで)です。磯丸で流していて本当に気持ちのいいルートです。

Img_0597_

 

松並木が江戸情緒を感じさせますね。

Img_0601_

 

さて、のどかな姫街道を浜松までたどったらまた1号線です。

途中島田のミニストップで1回休憩しましたが、写真は撮らずすぐまた出発。何をそんなに急いでいたのかと言うと、清水から土肥へ向かう駿河湾フェリーの最終便を目指していましたのです。頑張った甲斐あって最終便出港10分前に清水港に到着。大急ぎで乗り込みました。

駿河湾横断に約1時間もかかるので時間短縮効果は大したことないのですが、暖かい船内でゆっくり休めるのがいいんです。

今回のツーの成功を祝して乾杯!

Sbsh0023

 

清水港からは富士がよく見えます。

Img_0604_

 

徐々に日が沈んで行きます。

Img_0609_

 

夕日に染まる富士。

Img_0611_

 

反対側に目を向けると太平洋に沈んでしまった夕日の名残が見えました。

Img_0618_ 

土肥に着く頃にはすっかり日も暮れていましたが、しっかり休んだので残り約50kmはリラックスして走れました。

結局、自走距離400kmちょっとのプチツーでした。意外と近いね浜名湖。(・∀・)

加茂のうなぎはほんとに美味しかったです。機会があったらぜひ行ってみて下さい。

最後に今回のルート(最初と最後は省略)です。

より大きな地図で 奥浜名湖 速攻うなツー を表示

 


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

ストレス解消にはやっぱりコレ!

ストレス解消にはやっぱりコレ!
南伊東の銀月です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

(潮) 風になる! → そして海鮮焼きカレー@こあじ亭【追記】

(潮)風になる!
明日から寒くなるらしい。今日走らないで、いつ走る? と言うことで伊豆半島最南端までふらっとお出かけです。

【追記】
雲一つなく、人も一人も居なくて、眼下に広がる太平洋。来たぜ!って気分です。
やっぱり突端を目指してしまうのはライダーの性なんでしょうか。

Sbsh0069_

崖の下の海はたぶん深いんでしょう。青が一際濃く鮮やかです。

Sbsh0081

水平線は普段も見れるんですけど、完全な外海、太平洋だと思うとなんかテンション上がります。

Sbsh0080_

振り返っても、そこにはただ風が吹いているだけ。 遠くに南伊豆の風力発電機がたくさん並んでいます。

 

実際のところは、そんなロマンティックな感じではなく、すごく風が強くてカメラを静止させられないくらい。だから誰も居なかったんだと思います。(^^ゞ

とりあえず気持ちがすーぅっと和んだので、蝶ケ野のこあじ亭へ向かいました。

今回は海鮮焼きカレーです。

Sbsh0083

海老たっぷりで美味しかったです。

料理も美味しいですが、このこあじ亭のある蝶ケ野は南北の山が風を遮ってくれるせいか、とても穏やかなんです。ここだけ違う時間が流れてる感じです。伊豆の中でも大好きなスポットです。

この日もライダーさんが次々訪れていました。

帰りがけに磯丸の写真を撮り忘れていたことを思い出して、ちょっと記念撮影。

Sbsh0085_

なんて事のない、プチツーでした。最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村に参加しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧